フォト

クリックで救える命


お勧めCD

お勧めネット証券


  • 1000単位で取引できる。

  • とうとう全自動取引の口座が出た!! まして無料システムまで付いているとは!

  • ワクワクパパのメイン口座の一つ。

  • とうとう米ドル/円でスプレッド0pipsが出現!!

  • 最高水準のFXサービス上田ハーローFX
  •  
    1,000通貨から取引可能、高レバレッジ最大400倍超!ワクワクパパもメイン口座として利用。

  • FXが初めての方でも安心して取り組めるように、24時間、お客様からのお問い合わせを承っております。

  • FXのプロフェッショナル集団『手数料0円』『スプレッド業界最小』『最低証拠金5万円より』

  • ワクワクパパも使ってる!!

  • 無料デモでバーチャルを試してみては?

投資専門サイト


  • このサイトは投資に必要な書籍等が全部そろっています。 Click Here!
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012.07.23

夏休み

とうとうチビ達が夏休み入りした。

最近、次男坊が反抗期と重なっているせいか、よく長女と喧嘩するようになってきた。

また、カミさんともよく喧嘩する。

これって反抗期?

まぁ、とにかくこれでもかっていうくらい、大声でわめき散らす。

正直、鬱陶しい。

長女は基本的にはおとなしい性格なのだが、次男坊のせいで気が強くなってきた。

そんなこんなで、毎日が騒がしくて大変だ。

これから約一か月、耐えられるかな?

ということで、このブログも夏休み入りしようかと思う(全然関連性はないが)。

この夏休みで、今後の人生のことや、様々なことを考えてみようかと思う。

2012.07.20

久しぶりに投資のこと

先日、顧客との会話で、「今、損切ったほうがいいですか?」という質問を受けた。

我輩は、「わかりません」と答えた。

そうしたら、「あなたは専門家でしょ!」と言われたので、「はい」と答えたが、「あなたの大切な資金をどうしたらいいのかを専門家というだけで信じるのですか?」と言った。

そもそも、「大切な資金を、目標を持って運用していますか?」と聞いた。

そうしたら、「そんなの当り前です」と言われたので、「それなら、私に聞くまでもないですね。目標が明確なら、どんな場面でも対処の仕方は決めてあるはずですね」といった。

顧客は、「そこまでは決めていません」と言ったので、「それは、何も決めていないのと一緒です。プロ野球選手でプロ野球選手になると目標を持たずに、プロ野球選手になった人は一人もいません。甲子園に出場した高校で、甲子園優勝、または、出場を目標とせずに出場した高校はありません」と言った。

「投資は甘くはありません。そんな世界にあなたは目標を持たずに資産を増やそうとしています。それがいかに無謀なことかわかりますか?甲子園に出場するためには、出場すると目標に決めただけでは出場できません。どうしたら出場できるのか?を真剣に考え、そして、何度も何度も練習し、試合し、失敗しながら経験して行かなければなりません。」

顧客は黙ってしまった(笑)。

最後に、自分がいかに甘かったかがわかりました。
今日はいい勉強ができました。
ありがとうございました。

と言って、電話が切れた。

これは、一つの例だが、人は、簡単に数百万、数千万、数億円と言った大金を投資に回す。

それも、目標も持たずに。

買い物するときには、1円でも安いものを探したりするのに面白いものだ。


そういえば、今日、天気予報では、夕方から雨だったはず。

いかに予測があてにならないか、天気予報も一緒だな(笑)。

それにしても、雨が止まず、家に帰れないんだけど・・・。

2012.07.19

責任

責任という言葉を辞書で調べると、「立場、行動が及ぼす影響に対し、適切な対応が取れること」とある。

今、原発、いじめ等様々な問題がメディアを騒がしている。

また、こういう問題についてコメントするといろいろと誤解を招く恐れがあるのでしたくはなかったが、ついつい書いてしまう。

我輩はすべての問題は、自分にあると思っているので、何が起きても自分に責任があると考える。

ただ、自分ではどうしようもないことは何もできないので、責任はとれない。

なので、上記問題に関して自分ができることはなにか?と考え、できることをやる。

例えば、原発に関しては、直接ではないかもしれないが、車、電車などを極力使わない。

電気の消費を意識し、使用を控える。

いじめに関しては、いじめの現場を目撃したら、子供を叱る。

自分の子供には、いじめがなぜいけないのかを真剣に話し合う。

そういえば、長男が小学校の時に一番仲の良かった友達にある日を境にいじめにあうようになった。

我輩は、最近元気がないな~といった具合でしか見ていなかったが、妻は何度も何度もしつこく本人に問いただしていた。

しばらくすると、自分からいじめにあっていると言い出した。

原因はわからない。

しかし、親としてどうするべきか?

我輩は、相手にも責任はあると思うが、まずは自分に責任があるということを子供に言ってもしょうがなかったので、親としいての責任を考えた。

一番は、こともを守ること。

ただそれだけだった。

あとは、長男に、「なにがあっても絶対にお父さんも、お母さんも守ってあげるから」としつこく言って聞かせた。

先生には、相談した。

最終的には、本人に別な友達をつくり、いじめの本人たちと決別させることをさせた。

簡単にはいかないことかもしれないが、本人にとってみると親に守ってもらえているということが心強かったらしい。

そのうち、もっと素晴らしい友人ができて、時期にいじめは解消された。

それから、我が家の前が小さな公園なのだが、そこで5、6人から、あきらかにいじめを受けている現場を目撃した。

我輩は、近くにベンチに座り、そーっとその集団のやり取りを聞いていた。

数分後、いじめが明らかだと判断し、その集団に「お前らいじめか?!集団で一人をいじめるなんて一番卑怯なことだぞ!」と言ったら、突然、逃げ出した。

「こらー!」と追ったが、結局、いじめられている子だけが残った。

「いじめられていたのか?」と聞いたが、「違います」と返答された。

「嘘は言わなくていいよ。正直に言ってごらん。」と優しくいったつもりだったが、「いえ、違います。」と言って、走って逃げられてしまった。

結局は、何もしてあげられなかった。

ほかにも大人が数人いたが、誰も何もしない。

今、子供たちがおかしいという人がいるが、一番かおかしいのは我々大人なのだ。

教育現場でも、誰も責任をとらない大人。原発でも大人が誰も責任をとらない。

政治家も、会社のマネージャーも、学校の先生も、親も、すべての大人が責任をとらない状況を、子供たちが見ていることをもっと意識してほしい。


2012.07.18

今週のお勤めも終わりだ。

来週からは、夏モードで、週3日勤務だ。

毎年、夏は有給消化のためにそうしている。

今年は、同僚の有給の関係もあって、長期休暇は今月下旬からとなった。

この会社の長期休暇は、国内の会社では考えられない長さの休暇が取れる。

我輩は、毎年20日弱の連続休暇を取得している。

正直、長すぎて毎年休み明けが憂鬱になってしまう。

今年は、新潟へ帰省し、おふくろと一緒に旅行することになっている。

問題は、そのあとだ。

約10日前後、全く予定がない。

自転車でどこかに行くには暑すぎるし、何もすることがない。

妻の実家には、もっと遅くにチビ達と3人で行くらしいし、今のうちになにか考えておかなければ、ずーっと暇に

なってしまう。

ビデオでも借りまくって観るというのもいいかも。

あとは、スタバで読書、一日くらいは100㎞超のロングライドってのもどうかな。

長期休暇入りまで、あと一週間、なんとかせねば。

2012.07.17

いい感じ

最近、暑くていい感じになってきた。

やっぱり夏はいいよ。

あ~、もっともっと自転車煮の乗りて~。

自転車でいっぱい行きたいところがあるんだな。

しまなみ海道、千葉外房、北海道、阿蘇山、信州、などなど。

日本一周もいいな~。

それには、会社を辞めないといけないな。

二年後に、本社移転との話もあるので、それまでの目標設定をするか。

我輩はいつまでこんなことやってるんだか!

2012.07.16

そういえば

一年前に、自転車で事故ったことを思い出した。

路地から飛び出してきた車にはねられたんだが、今思うとよく生きていたと思う。

けがも軽症で(後日入院して手術となってなってしまったが)、大したことがなくて本当に助かった。

いつも思うが、人って生かされているよな。

そう思うと、生かされていることに感謝しないとな。

さんまじゃないけど、生きているだけで儲けもんだよ。

だから、生かされている人生なんだから、無駄に生けてはいけないと思う。

あ!地震だ。

2012.07.09

この感動を

ちょっとまえにELLEGARDENというバンドを紹介した。

しかし、現在そのバンドは活動停止中だ。

その、中心メンバーの細美が立ち上げたバンド、The hiatusがすごい。

ロックが好きなら是非一度聞いてほしい。

テクニックもすごいが、魂のこもった演奏がすごい。

めっちゃ、熱い。

カッコいい!

心が揺さぶられる。

我輩の気持ちが爆発しそうだ。

やばすぎる。

2012.07.05

夏本番

まだ梅雨明けしていないが、昨日から夏のような気温となってきた。

自転車乗りに取ると、汗びっしょりになる季節。

汗をかく=痩せる

この夏で、目標5㎏減量。

その目標に一番の天敵は、7月下旬からの夏休みによる帰省だ。

今回は、新潟へ帰省するが、おふくろと我が家とで一泊旅行を企画した。

旅館は、老舗の有名旅館。

ネットで調べてもかなり評判が高い。

期待大だが、いつも帰ると食べすぎで太ってしまう。

実家へ帰ると、食べ物も、酒も美味い。

ついつい食べ過ぎ、飲みすぎになってしまう。

この歳になると、一度太ると、減らすのが大変だ。

しかし、美味いものは美味い。

今回の旅行も、料理は期待大なのだ。

あ~、楽しみだな。

ところで、話題がそれてしまったが、夏は、自転車はきつい。

ちょっと、ペダルをこいだだけで、汗が噴き出してくる。

暑さにプラス、日差しの強さで体力の消耗も激しい。

スポーツドリンクを持たないと、マジで命にかかわってしまう。


しか~し、我輩は、この夏が大好きなのだ。

基本、ボケでツッコまれることや(関係ないか)、野球部にいたせいもあって、体をいじめることが好きなのだ。

ようするにMタイプ。

まぁ、体を動かすことが好きなんだな。

今日も、自転車で軽くポタリングしてきたが、気持ちよかった。

今は、会社に毎日(雨の日以外)、往復50kmを自転車通勤するようになったが、それができなくなったら会社に行く意味がなくなってしまう。

噂では移転の噂もあるし、そろそろ本気で辞める覚悟をしなくちゃ。

それには行動しかないんだよな。

2012.07.02

気ままに

最近、なーんにもない。

思うことはいくつかあるが、書きたいとまで思わない。

人の幸せ、心について、人間関係などなど。


しかし、これといって調子も出ない。

今は、なんにもしたくない。

本も読みたくない。

まぁ、こういうのもいいよね。

じゃあね~。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧め書籍

  • 鶴見 辰吾: 気がつけば100km走ってた
    著者が、どうやって自転車にのめりこんでいったのか? なぜ、のめりこんだのか? のめりこんでから人生がどのように変わったのか? とても興味深く読めた。 また、共感できる部分がたくさんあった。 我輩も、ほぼ同じ年で、鶴見辰吾さんを一つの目標としたいと思った。 (★★★★)
  • 永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける

    永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける
    今まで、数百冊以上の思考哲学、自己啓発等の書物を読んできた。 現在の自分に大きく影響を与えてくれた書籍もたくさんある。 しかし、この本は衝撃だ。 過去の全ての本にはない具体性がある。 そして、説得力がある。 斎藤一人氏の書物も何冊も読んだ。 しかし、永松氏の実践でのレクチャーを書いたこの本は非常にわかりやすい。 とにかく、一度読んでみることをお勧めする。 (★★★★★)

  • イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

    イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
    ホ・オポノポノ? まず、これを覚えるのに一苦労。 ハワイ用語かなんだかわからないけど、日本人にとっては非常に難しい。 しかし、読み進んでいくと、これはひょっとして理論的にも納得できるんではないか? と、興味が増してきた。 で、最後は、今度セミナーに行ってみようと決心した。 これは、全ての悩みに対して効果があるかもしれない。 投資でも、人間関係でも、お金のことでもなんでもいいから悩んでいる人は一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: 空中ブランコ

    奥田 英朗: 空中ブランコ
    ドクター伊良部シリーズ第二弾! 相変わらず伊良部キャラクターが炸裂!! 是非一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)

    奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)
    最近、iphoneで電子書籍に嵌っている。 その中の一つに、「イン・ザ・プール」 ドクター伊良部シリーズの第一弾! 伊良部総合病院の神経科、伊良部一郎先生のところにくる変わった患者とのストーリー。 強烈なキャラクターで、変態?伊良部医師の異常な治療法が病み付きになる。 (★★★★★)

  • 井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)

    井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)
    私は、iphoneの電子書籍でこの本を読んだ。 孫正義という人は、現代の坂本龍馬だ。 人はたった一回の人生、志をもって生きることが大切だと改めて感じさせてくれた。 また、電子書籍版のみのおまけなのかは知らないが、巻末のファーストリティリング社長の柳井正氏の「孫正義を語る」は、勉強のための勉強では意味がない、この本を読んで感動するだけではダメだ。感動したなら行動に移しなさい、と訴える。 たった一回の人生、志を持ちたいという方は一読を本気で薦めます。 (★★★★★)

  • 栗城史多: 一歩を越える勇気

    栗城史多: 一歩を越える勇気
    私は、iphoneで電子書籍とかいうやつで読んだ。 やばい、電車の中で涙が(;_;) 1,2時間で読めてしまう内容だが、非常に勇気をもらえた。 彼は多くの仲間に助けられ、そして共に登頂する。 なので、本当の意味での単独登頂ではないかもしれないが、そんなことはどうでもいい。 この本のおかげで、自分自身、もう一歩前に進めたことは事実なのだから。 (★★★★★)

  • 石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

    石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
    夢のある方、夢を諦めかけている方、必読。 何も言いません。 とにかく読んでください。 (★★★★★)

  • 南緒: FX革命!

    南緒: FX革命!
    レバレッジの考え方、損切りの大切さ、複利の活用等、 著者の考え方はうなずけるし同感だ。 私は楽しめた。 これはこれでいい本だと思う。 (★★★)

  • 井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

    井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語
    自分自身、奇跡が起こったことと同じことが書かれてた。 本当に奇跡は起こせると確信させられた。 (★★★★)

  • : 夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター

    夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター
    夫婦の愛を確認する、または再認識するのに最高の本だ。 (★★★★★)

  • 高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと

    高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと
    この本を読むと、気持ちが暖かくなる。 天国言葉を意識して話して行こうと思う。 全ての悩みがスーッと消えるような感じになる本だ。 (★★★★)

  • 高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

    高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか
    非常に興味深い。 是非、「ゆかし」に加入したくなった。 その前に、早く1億の資産をつくらなきゃ。 (★★★★)

  • 小林 正観: 宇宙を味方にする方程式

    小林 正観: 宇宙を味方にする方程式
    この本には救われた。 小林正観さんて凄い人だ。 今後、彼の本を全部読みたくなった。 とにかく考え方が素晴らしい。 すっかりファンになってしまった。 (★★★★★)

  • 野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

    野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
    人の好き嫌いが激しい私。 この本を読んで多少好き嫌いが直った気がする。 相変わらず野口氏の本は面白い。 (★★★★)

  • 藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

    藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
    どうしたらトレードがうまくなるかと言う本ではないが、資産運用するには必読だと思う。 (★★★★★)

  • 水野敬也: 夢をかなえるゾウ

    水野敬也: 夢をかなえるゾウ
    ユーモアたっぷりのストーリーの成功哲学本。 とにかく読んでみて。 (★★★★★)

  • 山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)

    山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)
    いや~この本だけは正直読みたくなかった。 なぜなら「負けたとき」が来てほしくないからだった。 だが今回のドローダウンで思わず読んでしまった。 う~む、もっと早く読むべきだった。 好調なときでも勉強になる本だ。いや逆に好調なときほど過信しないためにも読んだほうがいいと思う。 いや~何から何までうなづいてしまう。 (★★★★)

  • 小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

    小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)
    最近FXのトレードを本格的に導入し、かなり実績を上げてきている。そのきっかけとなった書籍がこれだ。 この本を読み自分でもExcelを活用し検証をしてみた。しかし、なかなかいい結果は出なかった。だがこういった方法があると言うことはかなり勉強になった。極める価値は十分になると思う。 (★★★)

  • マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

    マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
    投資をする上で絶対に知っておいた方がいいことばかり書かれています。 これを読んでおけば投資に関するイカサマビジネスには引っかからないはずです。 (★★★★)

最近のトラックバック