フォト

クリックで救える命


お勧めCD

お勧めネット証券


  • 1000単位で取引できる。

  • とうとう全自動取引の口座が出た!! まして無料システムまで付いているとは!

  • ワクワクパパのメイン口座の一つ。

  • とうとう米ドル/円でスプレッド0pipsが出現!!

  • 最高水準のFXサービス上田ハーローFX
  •  
    1,000通貨から取引可能、高レバレッジ最大400倍超!ワクワクパパもメイン口座として利用。

  • FXが初めての方でも安心して取り組めるように、24時間、お客様からのお問い合わせを承っております。

  • FXのプロフェッショナル集団『手数料0円』『スプレッド業界最小』『最低証拠金5万円より』

  • ワクワクパパも使ってる!!

  • 無料デモでバーチャルを試してみては?

投資専門サイト


  • このサイトは投資に必要な書籍等が全部そろっています。 Click Here!
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011.12.27

今年を振り返る

今年もあと一週間を切った。

年々一年間が短く感じてしまう。

それにしても今年は衝撃の一年だった。

3.11東北大震災に始まり、福島原発問題、米国デフォルト可能性、米国債格下げ、ユーロ危機、そして、金正日死亡。

我輩の中では、自転車通勤スタートが一番の出来事だった。

最初は、一週間でやめたいと思ったが、なんとか9ヶ月続いている。

身体も10キロ近く絞れたし、体力もかなりついた。

今では、一番の楽しみとなっている。

ここ最近の楽しみは、休日に自転車でポタリング(気軽にぶらつくこと)に出かけ、ランチをしてスタバによって、読書をすることだ。

これだけで、ものすごく幸せを感じてしまう。

スタバっていいよね。

今週は、どこに行こうかな?

2011.12.23

工藤公康選手

素晴らしい話を教えてもらったので紹介するね。
内容は工藤公康選手のお話。

かなり、衝撃を受けた内容だ。

古賀史健氏のblogより引用させて頂きます。

-------------------------------------------------------------------------------------

先日、DeNAの監督就任交渉が決裂した工藤公康投手が、

現役引退を発表されました。

西武、ダイエー、巨人、横浜、そして再び西武と渡り歩き、

実働29年間で通算224勝をあげた大投手です。

今日はその工藤公康さんの話をさせてください。

ときは1999年、当時工藤投手が在籍していた福岡ダイエーホークスが

中日ドラゴンズを破って日本一に輝いたシーズンオフにさかのぼります。

自身はパリーグMVPに輝き、女房役の城島健司捕手は一人前に育ち、

まさにホークス黄金時代の幕開けを予感させたシーズンオフ。

ダイエー球団側は、日本一最大の功労者と思われる工藤投手に対し、

あまりに誠意を欠いた契約交渉を行いました。

もう10年以上前のことなので細かいことは忘れてしまいましたが、

工藤投手と球団側がメディアを介してバッシングし合う典型的な泥仕合となり、

やがてFAによる巨人移籍が浮上してきます。

そこでホークスファンは工藤投手への署名活動を開始して、

なんと15万人以上ものファンが「ホークスに残って」との嘆願書を送りました。

ぼくも、そのうちのひとりです。

インターネット経由ではありましたが、署名とメッセージを送りました。

しかし、ファンの願いは届くことなく、工藤投手は巨人にFA移籍してしまいます。

それから約2年ほどのあいだ、

ぼくは巨人のユニフォームを着て活躍する工藤投手を好きになれませんでした。

やがて自分が署名活動に参加したことも忘れ、

熱心にプロ野球中継を観ることもなくなっていきました。

そんなある日、驚くべきことが起こります。

なんと、当時住んでいたマンションの郵便受けに

工藤投手から住所と宛名が直筆で書かれたハガキが届いていたのです。

そのハガキには直筆のサインとともに、こんな言葉が書かれていました。

「マウンドで投げる47の後にいつもあなたの声援があったこと、

 この5年間に感謝を込めてありがとうございます」

のちに聞いたところによると、巨人移籍後の工藤投手は

時間を見つけては、自分に嘆願書を送ってくれたファンの全員、

つまり15万人のファン全員に対して、このハガキを書いていたのだそうです。

ぼくがハガキを受け取ったのは署名活動から2年後のことでした。

きっと何年もかけて、コツコツと書かれていたのでしょう。

それからおよそ10年後、

ぼくは『40歳の教科書』という本の企画で

工藤投手にインタビューする機会に恵まれます。

ただただ「ようやくありがとうを伝えられる!」という喜びでいっぱいでした。

取材当日、ぼくは持参したハガキを差し出して、

できるだけストレートに感謝の言葉を伝えました。

工藤投手は照れを隠すように「おおっ!」とハガキを手に取ると、

ハガキを見つめたまま、誰に語るともなく語りはじめました。

「いやあ、懐かしいなぁ」

「ちゃんと持っててくれたんだね」

「おれさ、もう一枚も持ってないんだよ。書くばっかりでさ」

「うん、こうやって人から見せてもらったのは初めてだな」

「そうかそうか、うん。懐かしいよね」

「ありがとう、ありがとう」

自筆のハガキを手に、少しだけ恥ずかしそうに語るその笑顔は、

まるで旧友と再会した少年のようでした。

------------------------------------------------------------------------------------

15万通の手紙!!!

どの世界でも成功する人はみんな感謝の気持ちを持っている。

それも、感謝の気持ちに対する姿勢がずば抜けている。

我輩は、工藤選手と同じ年だが、これだけ素晴らしく、尊敬できる人が同じ年にいると思うと、感動と勇気をもらえた(涙)。

ありがとう!

2011.12.21

ボラ低下

最近、ボラティリティが低下している。

デイトレーダーにとっては、厳しい状況が続いているのではないかと思う。

しかし、このような状況でも利益をあげることは可能だ。

先日も書いたが、我輩は現在、バイナリーオプションを試している。

リアルマネーで、フォワードテストをしているが、非常に好調だ。

このまま行けば、ポートフォリオに加えることができそうだ。

それにしても、投資を始めて7年が経過しようとしている。

今、このブログの前進のブログがあるのだが、その最初の記事をみて見た。

タイトルが1億目指して頑張るぞ!

だって。

現在、まだ達成していないが、必ず達成することをここに誓う。

自分に正直に生きるために!

2011.12.20

ディズニーランド

今日は感動の実話を紹介する。

実は、以前このブログでも紹介した話だけど、とてもいい話なので再度紹介することにした。


では、バスタオルの用意を。

ある日、インフォメーションにひとりの男性が暗い顔でやってきました。

「あの‥‥落とし物をしてしまって」

「どういったものでしょうか?」

「サイン帳です。子どもがミッキーやミニーちゃんのサインが欲しいって、園内のいろんなところを
回って書いてもらったものです。あと少しでキャラクター全員のサインがそろうところだったんです
が‥‥」
 

インフォメーションにサイン帳は届いていませんでした。心当たりの場所にもかたっぱしから電話を
かけてみましたが、どこも届いていないという返事でした。

「ご滞在はいつまででしょうか?」

「2泊3日のツアーに参加しているので、2日後のお昼には帰ることになっています」

「では、このあともう少し探してみますので、お帰りの前にもう一度こちらにお立ち寄りくださいま
すか? それまでには見つけられると思いますので」

そのキャストはサイン帳の特徴を詳しく聞き、男性を送り出しました。

男性が帰ったあと、さらにいくつかの小さいセクションに電話をしました。サイン帳のことを伝え、
さらにほかのキャストにも声をかけてもらって、大勢でパーク内をいっせいに探して回りました。

ところがどうしても見つからなかった。キャラクターのサインがあるサイン帳だから、誰かがそれを
拾ったとき、うれしくて持って帰ってしまったのかもしれません。


2日後、この間の男性がインフォメーションに現れました。

「どうでしたか?」

たぶん見つからなかっただろう、という口ぶりでした。

キャストは残念そうに答えました。

「大変申し訳ございません。全力で探したのですが、サイン帳を見つけることはできませんでした。
しかしお客様‥‥」

1冊のノートが差し出されました。

「どうぞかわりにこちらのサイン帳をお持ち帰りください」

渡されたノートを開いてみると、そこにはなんとキャラクターのサインが書かれていました。しかも
キャラクター全員分のサインがちゃんとそろっていたのです。

キャストは落としたサイン帳と同じものを店で見つけてきて、いろんなエリアを歩き回り、キャラク
ターたちにサインを書いてもらったと説明しました。

男性は顔をくしゃくしゃにして喜び、何度も何度もお礼を言って帰りました。


この話はこれで終わりではありません。

後日、一通の手紙が届きました。


先日はサイン帳の件、本当にありがとうございました。

じつは連れてきていた息子は脳腫瘍をわずらっていて、いつ大事に至るかわからないような状態だっ
たのです。

息子は物心ついたときから、ディズニーのことが大好きでした。

「パパ、いつか絶対ディズニーランドに連れてってね」

と毎日のように言っていました。

私は、そうだね、行こうねと答えながら、でももしかしたら約束を果たせないかもしれないと不安に
思っていました。

命は、あと数日で終わってしまうかもしれない。だから、せめていまのうちに喜ばせてあげたいと思
い、無理を承知でディズニーランドへ連れて行きました。

その息子が、ずっと夢にまで見ていた大切なサイン帳を落としてしまったのです。息子の落ち込みよ
うは見ていて苦しくなるほどでした。

しかし、あなたが用意してくださったサイン帳を渡したときの息子の顔が忘れられません。「あった
んだね! パパありがとね!」と本当に幸せそうな顔でした。

ほんの数日前、息子はこの世を去りました。

ずっとサイン帳をながめていました。

「ディズニーランド楽しかったね。また行こうね」と言い続けていました。

眠りにつくときも、サイン帳を抱えたままでした。

もしあなたがあのとき、サイン帳を用意してくださらなかったら、息子はあんなにも安らかな眠りに
はつけなかったと思います。

息子はディズニーランドの星になったと思います。

あなたのおかげです。本当にありがとうございました。


手紙を読んだキャストは、その場で泣き崩れました。


人に感動を与えれる仕事は、一番の生きがいではないかと思う。

前にもお話した、ディズニーシーでショーに出演している姪にもこの実話をメールした。

姪は、私が出演するショーにも毎日、障害者の方が見に来てくれるよ。
「私は、その方々から頑張ろうと勇気をもらうんだ。」と返信が来た。


よ~し!
我輩も勇気を持って頑張ろうっと!

感動なき人生に興味なし!!
 

2011.12.19

自転車通勤

最近、マジに寒い。

我輩のギャグが寒いのではなく、気温が低く寒いのだ。

自転車通勤を始めて9ヶ月が経過したが、なまった身体でスタートした時以来の辛い試練だ。

こんなに寒い夜に、よく何十キロも自転車で通勤すると自分でも思う。

妻は、冬の期間だけでも電車で通えばと言うが、一度、楽をすると二度と自転車に乗らなくなってしまうようで怖い。

では、そんなに辛いのかといえば、スタート時の辛さほどではない。

坂道もスイスイ登れるようになったし、車道にも慣れてきた。

体重も、順調に痩せてきている。

と、このBlogを書いていてふと気がついた。

目標だ!!!

スタート時は目標があった。

・雨の日以外は必ず自転車通勤する。
・体重を10kg減らす。
・走行距離5,000km走破。
・単独100kmロード完走。

その全ての目標は達成した。

だから、次の目標をたてる必要がある。

人生、ビジネス、投資の目標はもうちょっと後にするが、自転車は今目標を立てることにした。

①2012年1月から一年間で走行距離10,000km走破。

②体重を一年間で、高校時代にする(数字でいうと10km減)。

③150kmロードに挑戦。

④レースに参戦する。

⑤ロードバイクを買う。

以上、5つだ。

⑤は自分では決めれないので、目標というよりも希望だ(笑)。

次は、人生、投資、ビジネスだ。

でも、最近思うが我輩はいったいどこに向かっているんだ?

2011.12.13

目標設定

昨日、目標設定について書いたので、前に聞いた話を紹介。


1953年のエール大学卒業生を対象とした調査だ。

学生たちに、彼ら自身についていろいろ質問したのだが、

その中に目標に関する質問が3つあった。


「あなたは目標を設定していますか?」
「その目標を書きとめてありますか?」
「目標を達成するための計画がありますか?」

全部の質問にイエスとこたえたのは、
学生の3パーセントにすぎなかった。


20年後、追跡調査が実施された。

その結果、目標設定に関する質問に

イエスと答えた3パーセントの学生は、残りの学生に比べて幸せな結婚をし、
選んだ職業でも成功し、家庭生活にも満足し、健康状態も良好だった。

それだけではない。

53年卒業の総資産の97パーセントは
この3パーセントの手に集中していたのだ・・・・。

特に、総資産の部分は興味深い結果だ。

投資でも同じことが言える。

奇跡は、目標を掲げて努力している人にしか起きない! by ONE PIECE

2011.12.12

もう12月

今年も早いもので、あと3週間となった。

今年立てた目標で達成できたのは、体重、自転車通勤だけだな。

一番大切なトレードは、年後半のボラティリティの低下で達成は厳しい状況だ。

なので、今年中に会社を辞める目標は来年に持ち越しだ。

逆に自転車通勤によって、会社にくる楽しみ、意味ができた。

最近、とてもさむくなってきたが、自分でもよく何十キロもよく自転車で通勤していると思う。

よほど好きなのか、それともバカなのか?

自分では後者だと思っているが(笑)。

ところで、そろそろ目標設定用設定をする時期だな。

来年はどんな年にするかな。

楽しみ楽しみ、ワクワクヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2011.12.07

確率的価値

前にも書いたが、下記の質問に素直に答えてみて欲しい。

Q.1
あなたの目の前に現金の入った2つの封筒がある。
どちらか1つだけ貰えるとしたら、どちらの封筒を選ぶ?

A. 80万円入っている封筒
B. 100万円入っているが、15%の確率で1円も入っていない封筒


Q.2
今度はあなたが誰かにお金を払うケース。
どちらか1つだけ選ばなくてはいけないとしたら、どちらを選ぶ?

A. 80万円支払う
B. 100万円支払うが、15%の確率で1円も払わなくてよい


さて、あなたはどちらを選ぶ?

Q1の場合、Aを選ぶ人が多い。
「貰えるものは手堅くもらっておく」と考えるのが一般の人の考え方らしい。

理由は、Bを選んで15%の確率で1円ももらえないことを損と考えてしまうからだ。

逆にQ2では、圧倒的に多くの人がBを選ぶ。

これは15%の確率で払わなくてよいことに魅力を感じるからだ。


このことから、人は確率で考えることを苦手とし、感情で判断しがちだということがわかる。

人は確実な結果を好む。

また、利益を受ける場合はリスクを避けようとし、損失を被る場合はリスクをとろうとする傾向がある。

これは行動経済学でノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン教授らによって提唱されたプロスペクト理論と呼ばれるものだ。

残念ながら「Q1をA、Q2をB」と選んだ人は、「損小利大」の逆をいってしまいがちで、現状ではあまりトレード向きとは言えない。


では、どう考えれば良いのか?

これは確率で考え、そこから算出された期待値に従って判断するべきだ。

Q1の場合、期待値はAが80万円、Bが85万円(100万円×85%)だから、期待値が高いのはBになる。

同様にQ2の場合は、Aがマイナス80万円、Bがマイナス85万円だから、マイナス80万円ですむAが正解。

このように確率に基づいて合理的な判断を下せるトレード脳をつくっていく必要がある。


参考になったかな?

2011.12.06

本当の話

先月、事故の後遺症の手術のために入院した時の話を紹介しよう。

この話は事実であり、先日、Facebookに掲載したら多くの「いいね」をいただいた話である。

この話は、我輩が術後に病室であった実話である。

では、お話しよう。


我輩のいた病室は、眼科の患者さんもいて、その患者さんのおじいちゃんと看護師さんの会話である。

看護師「おじいちゃん、今日から目薬をさしますよ」

おじいちゃん「うん」

看護師「はい、目を開けて。つぶったままだとさせませんよ」

おじいちゃん「うん」

看護師「目を開けてね、まだ、つぶったままだよ。怖がらずにね」

おじいちゃん「うん」

看護師「そうそう、もっと大きく開けて」

おじいちゃん「うん」

看護師「頑張って、そうそう」

おじいちゃん「うん」

看護師「おじいちゃん、そうそう開いてきたけど、それは口」

その後、我輩が傷の痛みで苦しんだのは言うまでもない。


« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧め書籍

  • 鶴見 辰吾: 気がつけば100km走ってた
    著者が、どうやって自転車にのめりこんでいったのか? なぜ、のめりこんだのか? のめりこんでから人生がどのように変わったのか? とても興味深く読めた。 また、共感できる部分がたくさんあった。 我輩も、ほぼ同じ年で、鶴見辰吾さんを一つの目標としたいと思った。 (★★★★)
  • 永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける

    永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける
    今まで、数百冊以上の思考哲学、自己啓発等の書物を読んできた。 現在の自分に大きく影響を与えてくれた書籍もたくさんある。 しかし、この本は衝撃だ。 過去の全ての本にはない具体性がある。 そして、説得力がある。 斎藤一人氏の書物も何冊も読んだ。 しかし、永松氏の実践でのレクチャーを書いたこの本は非常にわかりやすい。 とにかく、一度読んでみることをお勧めする。 (★★★★★)

  • イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

    イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
    ホ・オポノポノ? まず、これを覚えるのに一苦労。 ハワイ用語かなんだかわからないけど、日本人にとっては非常に難しい。 しかし、読み進んでいくと、これはひょっとして理論的にも納得できるんではないか? と、興味が増してきた。 で、最後は、今度セミナーに行ってみようと決心した。 これは、全ての悩みに対して効果があるかもしれない。 投資でも、人間関係でも、お金のことでもなんでもいいから悩んでいる人は一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: 空中ブランコ

    奥田 英朗: 空中ブランコ
    ドクター伊良部シリーズ第二弾! 相変わらず伊良部キャラクターが炸裂!! 是非一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)

    奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)
    最近、iphoneで電子書籍に嵌っている。 その中の一つに、「イン・ザ・プール」 ドクター伊良部シリーズの第一弾! 伊良部総合病院の神経科、伊良部一郎先生のところにくる変わった患者とのストーリー。 強烈なキャラクターで、変態?伊良部医師の異常な治療法が病み付きになる。 (★★★★★)

  • 井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)

    井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)
    私は、iphoneの電子書籍でこの本を読んだ。 孫正義という人は、現代の坂本龍馬だ。 人はたった一回の人生、志をもって生きることが大切だと改めて感じさせてくれた。 また、電子書籍版のみのおまけなのかは知らないが、巻末のファーストリティリング社長の柳井正氏の「孫正義を語る」は、勉強のための勉強では意味がない、この本を読んで感動するだけではダメだ。感動したなら行動に移しなさい、と訴える。 たった一回の人生、志を持ちたいという方は一読を本気で薦めます。 (★★★★★)

  • 栗城史多: 一歩を越える勇気

    栗城史多: 一歩を越える勇気
    私は、iphoneで電子書籍とかいうやつで読んだ。 やばい、電車の中で涙が(;_;) 1,2時間で読めてしまう内容だが、非常に勇気をもらえた。 彼は多くの仲間に助けられ、そして共に登頂する。 なので、本当の意味での単独登頂ではないかもしれないが、そんなことはどうでもいい。 この本のおかげで、自分自身、もう一歩前に進めたことは事実なのだから。 (★★★★★)

  • 石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

    石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
    夢のある方、夢を諦めかけている方、必読。 何も言いません。 とにかく読んでください。 (★★★★★)

  • 南緒: FX革命!

    南緒: FX革命!
    レバレッジの考え方、損切りの大切さ、複利の活用等、 著者の考え方はうなずけるし同感だ。 私は楽しめた。 これはこれでいい本だと思う。 (★★★)

  • 井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

    井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語
    自分自身、奇跡が起こったことと同じことが書かれてた。 本当に奇跡は起こせると確信させられた。 (★★★★)

  • : 夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター

    夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター
    夫婦の愛を確認する、または再認識するのに最高の本だ。 (★★★★★)

  • 高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと

    高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと
    この本を読むと、気持ちが暖かくなる。 天国言葉を意識して話して行こうと思う。 全ての悩みがスーッと消えるような感じになる本だ。 (★★★★)

  • 高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

    高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか
    非常に興味深い。 是非、「ゆかし」に加入したくなった。 その前に、早く1億の資産をつくらなきゃ。 (★★★★)

  • 小林 正観: 宇宙を味方にする方程式

    小林 正観: 宇宙を味方にする方程式
    この本には救われた。 小林正観さんて凄い人だ。 今後、彼の本を全部読みたくなった。 とにかく考え方が素晴らしい。 すっかりファンになってしまった。 (★★★★★)

  • 野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

    野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
    人の好き嫌いが激しい私。 この本を読んで多少好き嫌いが直った気がする。 相変わらず野口氏の本は面白い。 (★★★★)

  • 藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

    藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
    どうしたらトレードがうまくなるかと言う本ではないが、資産運用するには必読だと思う。 (★★★★★)

  • 水野敬也: 夢をかなえるゾウ

    水野敬也: 夢をかなえるゾウ
    ユーモアたっぷりのストーリーの成功哲学本。 とにかく読んでみて。 (★★★★★)

  • 山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)

    山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)
    いや~この本だけは正直読みたくなかった。 なぜなら「負けたとき」が来てほしくないからだった。 だが今回のドローダウンで思わず読んでしまった。 う~む、もっと早く読むべきだった。 好調なときでも勉強になる本だ。いや逆に好調なときほど過信しないためにも読んだほうがいいと思う。 いや~何から何までうなづいてしまう。 (★★★★)

  • 小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

    小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)
    最近FXのトレードを本格的に導入し、かなり実績を上げてきている。そのきっかけとなった書籍がこれだ。 この本を読み自分でもExcelを活用し検証をしてみた。しかし、なかなかいい結果は出なかった。だがこういった方法があると言うことはかなり勉強になった。極める価値は十分になると思う。 (★★★)

  • マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

    マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
    投資をする上で絶対に知っておいた方がいいことばかり書かれています。 これを読んでおけば投資に関するイカサマビジネスには引っかからないはずです。 (★★★★)

最近のトラックバック