フォト

クリックで救える命


お勧めCD

お勧めネット証券


  • 1000単位で取引できる。

  • とうとう全自動取引の口座が出た!! まして無料システムまで付いているとは!

  • ワクワクパパのメイン口座の一つ。

  • とうとう米ドル/円でスプレッド0pipsが出現!!

  • 最高水準のFXサービス上田ハーローFX
  •  
    1,000通貨から取引可能、高レバレッジ最大400倍超!ワクワクパパもメイン口座として利用。

  • FXが初めての方でも安心して取り組めるように、24時間、お客様からのお問い合わせを承っております。

  • FXのプロフェッショナル集団『手数料0円』『スプレッド業界最小』『最低証拠金5万円より』

  • ワクワクパパも使ってる!!

  • 無料デモでバーチャルを試してみては?

投資専門サイト


  • このサイトは投資に必要な書籍等が全部そろっています。 Click Here!
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011.10.31

必然

いよいよ明日、火曜日に入院だ。

今週は一日だけの仕事だから、ちょっとした休養だ。

あ!読者の方にはご心配をおかけしているみたいなので、まだ連絡していない方にはご報告します。

今回の入院、手術は、全く対したことはありません。

ドクターにいわれたわけではありませんが、多分、盲腸程度の手術です。

なので大丈夫です。

ご心配していただいた方、誠に申し訳ございませんでした。

ところで話を戻すが、今回の出来事は必ず必然な出来事なので、有意義に過ごそうと思ってる。

まずは、読書、音楽鑑賞、iPad2、Huluビデオ鑑賞等。

じつは、今もiPad2でブログを書き込んでいるが、これがあればノートパソコンはいらなくなるかも。

本当に凄いよ。

あと、感動したのが、iCloudだ。

iPhone4sでとった写メがあっという間に、iPad2や家のデスクトップパソコンで見れちゃう。

デジカメでとった写真もWi-Fiで直ぐに送れるようになると便利だな。

iCloudは画期的だ。

本当に世の中、どんどん便利になっている。

人間の創造力って、ホントにすごいと思う。

感動し、そして感謝しないとな。


2011.10.28

休養

今日、病院に行ってきた。

そう、先日の手術の件だ。

結果、やはり手術が必要ということで、急遽、来週に入院することになった。

別に痛みもないから急ぐわけではないが、来週空いているとのことで決まった。

正直、大した手術ではないにしろ、心の準備があるというもので、我輩は勝手に年末位を予測していた。

なので、ちょっと動揺もしている。

しかし、ここ最近忙しくもあったから、ちょうどいい休養だと思うことにした。

昨日、ipadも来ていい遊び道具ができたし、ゆっくり本も読めるので、心と体を休めることにしよう。

何事も必然なので、これも何か意味のあること。

有意義に過ごそうではないか(笑)。

そう思うとなんだかワクワクしてきたぞ!

2011.10.26

寒くなってきた

一昨日あたりまではこれでもうじき1月かよと言った陽気だったが、今日は急に寒くなってきた。

自転車通勤も秋ウエアーや、グローブ、ウインドブレーカーなどが必要になってくる。

早速だが、冬用グローブを購入した。
これと
30541400042l1


これ
30524200011l3


今日はこの寒い中、多摩川サイクリングロードで聴いた曲で涙ぐんでしまった。

前からも大好きな曲だが、改めて聞いてみるとホントにいい曲でいい詩だ。


 のびた人陰(かげ)を舗道にならべ
 夕闇のなかを君と歩いてる
 手をつないでいつまでもずっと
 そばにいれたなら
 泣けちゃうくらい

 風が冷たくなって
 冬の匂いがした
 そろそろこの街に
 君と近付ける季節がくる

 今年、最初の雪の華を
 ふたり寄り添って
 眺めているこの瞬間(とき)に
 幸せがあふれだす
 甘えとか弱さじゃない
 ただ、君を愛してる
 心からそう思った


君がいるとどんなことでも
 乗りきれるような気持ちになってる
 こんな日々がいつまでもきっと
 続いてくことを祈っているよ

 風が窓を揺らした
 夜は揺り起こして
 どんな悲しいことも
 僕が笑顔へと変えてあげる

 舞い落ちてきた雪の華が
 窓の外ずっと
 降りやむことを知らずに
 僕らの街を染める
 誰かのためになにかを
 したいと思えるのが
 愛ということを知った

 もし、君を失ったとしたなら
 星になって君を照らすだろう
 笑顔も涙に濡れてる夜も
 いつもいつでもそばにいるよ

 今年、最初の雪の華を
 ふたり寄り添って
 眺めているこの瞬間(とき)に
 幸せがあふれだす甘えとか弱さじゃない
 ただ、君とずっと
 このまま一緒にいたい
 素直にそう思える

 この街に降り積もってく
 真っ白な雪の華
 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ
 これからも君とずっと…

2011.10.25

人は生かされている

昔、我輩は自分力で人生は決まると思い生きていた。

高校時代は、本気で甲子園を目指し日夜練習していたが、3年生最後の試合では椎間板ヘルニアのため痛み止めを打っての登板で、さよなら負けを喫してしまった。

その後、大学でも野球を続けたが、実力の差ではなく、精神的な弱さに負けて挫折してしまった。

野球をやめてからの人生は、結構楽しく遊びまくった。

それから、普通に就職しそのまま普通に結婚した。

そのころは、目標や夢なんてなくしており、ただ毎日を何も考えずに暮らすようになっていた。

そして、結婚して一年経過するて子供ができ、長男が生まれた。

我輩は、自分の達成できなかった野球の夢を子供に期待していたが、その子は重度の心臓病で生まれてきた。

先生が言うには、「もって中学まで、それも車椅子の生活を余儀なくすることになるでしょう」と言われた。

野球どころの話ではない。

しかし、その子は今は19歳で大学に通っている。

奇跡としかいいようがない。

長男よりも症状が軽くても亡くなった子をたくさん見てきたが、長男は今も生きている。

長男を見ていると思うが、人は生かされている。

自分の力ではなく、何か知らない力と、多くの人々によって生かされているような気がする。

我輩の人生でも、現在の職場の前のどん底時代に、多くの人々に救われた経験がある。

その人達がいなければ、間違いなく今の自分はいない。

というよりも、生きていなかったかもしれない。

だから、我輩も生かされているのだ。

そういった経験から、自然の流れに身を任せる人生を送るようにしている。

そして、自分の気持ちに素直に行動するようにしている。

そうすることによって、全ての出来事、出会い、そして苦しく、辛い状況も全て受け入れていくるようになった。

受け入れるようになると、あることに気づいた。

人生の出来事は全て必然!

偶然なんてない、全てが必然なのだ。

ということは、今、辛い出来事も必然なら、何か意味があることだと考えれるようになる。

それが、後になると、「あ~、あの経験はコレにつながるのか」と気がつく。

全ての点は、つながっていることに!

だから、人は生かされているんだと理解できるようになる。

2011.10.20

事故の後遺症

7月に自転車に乗っていて事故った後遺症が出てしまった。

今日、病院に行ってきた。

結果は、やはり入院して手術となった。

あ~、やだな。

痛みがないので、そのまま放置していたいのだがそうもいかない。

水がたまる症状なので、溜まった度に注射で取らなければいけないらしい。

だから手術をして完治させた方がいいというのだ。

入院は長くて1週間弱、早ければ一日でできるところもあるという。

これから、忙しくなりそうだな。

2011.10.19

小林正観さん永眠

先日、小林正観さんが亡くなられたという記事を見た。

かなりショックだった。

正観さんの書籍はかなり読んだが、どれも勉強になった。

特に、苦しかった時、なにもかもが上手く行かなかったとき、人生について考えさせられたとき、そもそも人間ってなんだ?とい疑問に思ったとき等など、たぶん、心が無性に彼の本を読みたがるようにして読んでいたように思う。

我輩の「全てを受け入れる」という考え方は正観さんの教えによるところが大きい。

最近では、「引き寄せの法則」が流行っているが、正観さんは、もっと前から同じような教えを言っていた。

とにかく、彼の考え方が素晴らしく本当に勉強になった。

そこで、ふと、なんで正観さんは亡くなったのだろう?と考えた。

その答えは出るわけではないが、我輩は「今の世の中が変わろうとしているから」ではないかと思った。

ようするに正観さんは使命を果たしたからではないかと思ったんだ。

我輩たちは、これからこの正観さんの教えを多くの人々に伝えていかなければならないとも感じた。

とりあえず我輩は、彼の読んでいない書籍を読破することにした。

小林正観さんのご冥福をお祈りいたします。

2011.10.17

二つのタイプ

人は大きく分けると二つのタイプになると思う。

まずは、常にどう見られているのかを意識するタイプ。

次に、常にどう相手を見るかを意識するタイプ。

前者は、愛されたいと強く思うタイプで、後者は、愛したいと思うタイプだとも思う。この究極はマザー・テレサだ。

また、前者は、見栄や虚栄心が強いため自慢話が多く、後者は、自分のことよりも相手のことを考えるため思いやりや配慮ができる。

こうやって書いていると、かなり強引なような気もするが、あくまで個人的な意見だと思って読んで欲しい。

話を戻すが、前者は、不平不満が多く、いつも文句を言っているのに対し、後者は、どんな状況でも幸せを感じることができる。

そういえば、この内容、前に書いたような気がしてきたが、気にしないで進めよう(笑)。

では気を取り直して、前者は、人の欠点ばかり見つけ悪口を言うが、後者は、人長所を見つけることがうまく、ほめることが上手い。

まぁ、いろいろと書いたが、この違いは会社の組織、スポーツの世界、子供の教育等々あらゆることに大きな影響を持つ。

当然、前者がリーダーの会社は発展しないが、後者は発展するし、スポーツの世界も然り。

恋愛でも、愛されたいと思うカップルは長続きしない。

ふと、我輩はどっちだろう?と考えてみた。

以前は間違いなく前者だったと思うが、今は後者ではないかと思う。

しかし、コレを決めるのは自分ではないのだとも思う。

だから、いつもどのように思われることよりも、思うことを意識するようにしている。

では^^/~~~

2011.10.14

人間ドックの結果

人間ドックの結果が届いた。

大体の結果はわかっていたが、こうやってグラフで見ると、改善が一目でわかる。

Img_0619_r

身体活動、A行動パターン、BMI,がかなり改善している(v^ー゜)ヤッタネ!!

それでも、もっと体重を減らす必要があるようだ。

それと、A行動パターン。

自分ではのんびり屋だと思っていたが、頑張り屋さんのようだ(/ー\*)

来年は、きれいな円になるように頑張ろうっとo(*^▽^*)o

2011.10.13

100㎞ロングライド達成!

本日、朝8時過ぎに自宅を出発。

妻のアルバイト先が武蔵中原の先で多摩川沿いなので、自転車で一緒に出かけた。

9時前に多摩川サイクリングロードに入る。

すぐに二子玉川ライズ。
近い将来、あそこへオフィスを構えたい。
Img_0595_r


徐々に上流の景色になってきた。
Img_0598_r

有名な?ポプラの木。
Img_0616_r

岩がごつごつしてきた。
Img_0615_r

拝島を過ぎたあたりか?
Img_0611_r

羽村取水堰。
Img_0599_r_2

やっと、目的地の阿蘇神社に到着。
Img_0602_r

お参りしておみくじを。
全てにおいて、時間はかかるが成就できるようだ。
Img_0603_r

Img_0604_r

その時のメーター
Img_0601_r

阿蘇神社から見た多摩川。
Img_0605_r

阿蘇神社の多摩川べりにあった看板。お~こわ。実際、途中でマムシではなかったけど、ヘビに遭遇。
Img_0608_r

阿蘇神社で折返し、羽村取水堰の公園でランチ。
妻の握ってくれたおにぎりを食べる。
Img_0609_r


本日、バイクタイム約5時間、インターバル約1時間30分で自宅に到着。
到着時のメーター。
Img_0617_r


ちょっと疲れたけど、達成感は最高だった。疲れ方がちょうどディズニーランドでアトラクションを全部制覇した後の疲れに似てるかな。

それから、上流に上るによってどんどん景色が変わっていくのが楽しかった。
今度は、別ルートを制覇しようかと思う。

2011.10.12

100㎞ロードへの挑戦

自転車のロードバイクでは100㎞は大した距離ではないけど、我輩にとっては初挑戦だ。

毎日、通勤で往復50㎞走っているので、大丈夫だとは思うが、初めてなので多少不安もある。

それも、一人での挑戦なので頼れるものはない。

未経験で、未体験だ。

目的地は、多摩川サイクリングロードの上流、拝島のちょっと北にある阿蘇神社だ。

だいたい100㎞超の距離になる。

不安もあるが、ワクワクするな。

明日は、いや、明後日になるかな、挑戦レポートを書く予定。

皆様、ご期待を!

2011.10.11

最後の日

昨日のスティーブ・ジョブズの伝説のスピーチにもあったが、今日が最後の日だと思って行動する。

我輩も、今日が最後リストを書くことがある。

今日が最後ならなにをするか?

毎回同じこと、毎回違うこと、などなどなんでもいい。

一度書き出してみることを勧める。

できれば、一週間、そして一ヶ月とやっていけば何かが見えてくると思う。

我輩も今日は書き出してみよう。

1.○○○○○○○○て、○○○○○○○○○○る。

2.友人の墓参りに行く。

3.家族で温泉旅行に出かける。

4.会社を辞める。

5.自転車で日本一周する。

6.一人でワンピース全巻を読破する。

7.お世話になった人々に手紙を書く。

などなど、思いついた順に書いてみた。

一番目は、気にしないでくれ。

他にも書きたいことがあるが、このリストは物理的にできるできないとかは関係ない。

とにかくやりたいことを書き出すことが大切だ。

そういえば、先日DVDで「最高の人生の見つけ方」という映画を見たが、これがまさしくそのリストを達成させていく映画だった。
大好きなジャック。ニコルソンの演技が素晴らしかったな。
51o9avxak9l


2011.10.10

Stay hungry Stay foolish

スティーブ・ジョブズが亡くなって5日がたちました。
我輩は彼のたくさんの言葉に助けられました。
これは、彼の伝説のスピーチです。

今、人生で悩んでいる方、迷っている方、苦しんでいる方、そうでない方、全ての方に何かを残してくれるはずです。

ご冥福をお祈りします。

2011.10.07

研修

今日は、いやもう昨日か、研修があって丸の内に行った。

場所は新丸ビル。

9時からだったので、久しぶりにスーツ姿で超満員の電車に乗った。

我輩は、場所によって様々なルートを使用できる。

昨日は、武蔵小杉から横須賀線で東京駅へ。

昔は、田園都市線から有楽町線で有楽町まで通勤していたことがあったが、異常な満員ラッシュの電車だった。

よく、車両の一番前のドアから乗って、降りるときは二番目のドアからということがあった。

今日の横須賀線もすさまじかった。

こんな電車に、毎日乗って通勤している人がいるのだと思うと、日本人はえらいなあと思う。

我輩にはできないな。

今は、自転車でどこまでもいけるので、できる限り自転車に乗りたいと思う。

ところで、研修は我輩の仕事とは全く無関係な内容の研修だった。

内容は言えないが、いろいろと考えさせられたな。

我輩は、今まで選択してきた責任をどう果たすべきなんだろうか?

誠意ある行動と責任か。

研修中、ずっと仕事とは別のことを考えていた。

やっぱりサムライのような自分の利益を度外視した潔さだな。

読んでる人はさっぱり意味が分からないだろうな。

今日はキングクリムゾンを聴きながら寝ようか。

おやすみ^^/~~

2011.10.05

全てを受け入れる

前にもこんなタイトルを書いた記憶があるが、人生、投資、恋愛、人間関係、仕事等々、全て現状を受け入れることが大切だ。

今の自分は、過去の行動または選択の結果なのだ。

そう、自分で選んだ結果が現在の自分。

だから、全ては自己責任なのだ。

しかし、人は、自分はこうしたかったのに、誰々のせいでできなかったとか、何々が起きてこうなった。何々が起きなければ上手く行ったのにとか、必ず自分に以外のせいにしてしまう。

だから、次に同じ出来事が起きても同じ過ちを繰り返す。

なぜなら、自分で反省しないから。

常に自分以外の要因でうまくいかなかったこと考える人は学習しない。

だから成長しない。

成長したいのなら、現実を受け入れること。

そして、自分の責任で起きた事象を反省することだ。

我輩はこの原理を知ってから、全てを受け入れられるようになった。

馬鹿で、ダメな自分でも受け入れることによって、一歩でも前に進もうと考えるようになった。

昔は他人(周りの人々)を変えようとするところがあったが、今は、自分を変えるように意識するようになった。

そうすれば、時間がかかっても周りも変化し始める。

どんな問題でも逃げずに真摯に向き合えば、必ずいい結果につながると信じることが出来る様になった。

まぁ。もともと楽天的なところがあるのも事実ではあるが。

それはよしとして、今は、物事を以前よりも楽に見れるようになった。

全ての責任は自分にある。

そして、その責任は甘んじて受ける。

この覚悟ができれば、人生なるようになる。

その流れに身を任せようではないか。

と、気楽な人生をおくれるのではないかと思う。

2011.10.04

風を感じて

先日、3年前に胆のう除去の手術した検査に行ってきた。
結果は問題なし。

その前に、人間ドックにも行っていて、そちらも問題なし。

いつか、正式な検査結果がきたら報告するが、全ての数値がよくなっていた。
これも、自転車のお蔭だ。

ところで、先日の、検査の合間にスタバでモーニングを食べて、その後に床屋さんに行った。

そこで、きれいなお姉さんが担当となり、どのようにカットするかを聞かれた。

我輩は、そんなことよりきれいなお姉さんだな~と鼻の下を長くしたまま、ちょいカリアゲにしてくださいと言った。

お姉さんは、「そんなに短くていいんですか?」と質問してきたが、我輩は「自転車通勤していて、ヘルメットをかぶるので短くていいんです」と返答した。

それから、そのきれいなお姉さんと自転車談義となるのだが、その会話の中で、「自転車のなにがいいんですか?」と聞かれた。

我輩は、ふと考えた、

そういえば、なんでだろう?

!!!!

そうだ!

「風を感じるのが、気持ちいいんです」と答えた。

そう、風を感じれることは気持ちいい。

自転車に乗っているときは、全てを忘れられる。

そして、逆に、いろんなことを考えることもできる。

自転車は素晴らしい!

そうそう、前に書いた、100kmサイクリングだが、来週にチャレンジしようと思う。

コースは決まっているが、ランチをどこでしようか悩んでいる。

どこかのお店によるか、それともコンビにおにぎりでも買って、多摩川を見ながら食べようかな。

あ~ワクワクする。


« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧め書籍

  • 鶴見 辰吾: 気がつけば100km走ってた
    著者が、どうやって自転車にのめりこんでいったのか? なぜ、のめりこんだのか? のめりこんでから人生がどのように変わったのか? とても興味深く読めた。 また、共感できる部分がたくさんあった。 我輩も、ほぼ同じ年で、鶴見辰吾さんを一つの目標としたいと思った。 (★★★★)
  • 永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける

    永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける
    今まで、数百冊以上の思考哲学、自己啓発等の書物を読んできた。 現在の自分に大きく影響を与えてくれた書籍もたくさんある。 しかし、この本は衝撃だ。 過去の全ての本にはない具体性がある。 そして、説得力がある。 斎藤一人氏の書物も何冊も読んだ。 しかし、永松氏の実践でのレクチャーを書いたこの本は非常にわかりやすい。 とにかく、一度読んでみることをお勧めする。 (★★★★★)

  • イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

    イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
    ホ・オポノポノ? まず、これを覚えるのに一苦労。 ハワイ用語かなんだかわからないけど、日本人にとっては非常に難しい。 しかし、読み進んでいくと、これはひょっとして理論的にも納得できるんではないか? と、興味が増してきた。 で、最後は、今度セミナーに行ってみようと決心した。 これは、全ての悩みに対して効果があるかもしれない。 投資でも、人間関係でも、お金のことでもなんでもいいから悩んでいる人は一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: 空中ブランコ

    奥田 英朗: 空中ブランコ
    ドクター伊良部シリーズ第二弾! 相変わらず伊良部キャラクターが炸裂!! 是非一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)

    奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)
    最近、iphoneで電子書籍に嵌っている。 その中の一つに、「イン・ザ・プール」 ドクター伊良部シリーズの第一弾! 伊良部総合病院の神経科、伊良部一郎先生のところにくる変わった患者とのストーリー。 強烈なキャラクターで、変態?伊良部医師の異常な治療法が病み付きになる。 (★★★★★)

  • 井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)

    井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)
    私は、iphoneの電子書籍でこの本を読んだ。 孫正義という人は、現代の坂本龍馬だ。 人はたった一回の人生、志をもって生きることが大切だと改めて感じさせてくれた。 また、電子書籍版のみのおまけなのかは知らないが、巻末のファーストリティリング社長の柳井正氏の「孫正義を語る」は、勉強のための勉強では意味がない、この本を読んで感動するだけではダメだ。感動したなら行動に移しなさい、と訴える。 たった一回の人生、志を持ちたいという方は一読を本気で薦めます。 (★★★★★)

  • 栗城史多: 一歩を越える勇気

    栗城史多: 一歩を越える勇気
    私は、iphoneで電子書籍とかいうやつで読んだ。 やばい、電車の中で涙が(;_;) 1,2時間で読めてしまう内容だが、非常に勇気をもらえた。 彼は多くの仲間に助けられ、そして共に登頂する。 なので、本当の意味での単独登頂ではないかもしれないが、そんなことはどうでもいい。 この本のおかげで、自分自身、もう一歩前に進めたことは事実なのだから。 (★★★★★)

  • 石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

    石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
    夢のある方、夢を諦めかけている方、必読。 何も言いません。 とにかく読んでください。 (★★★★★)

  • 南緒: FX革命!

    南緒: FX革命!
    レバレッジの考え方、損切りの大切さ、複利の活用等、 著者の考え方はうなずけるし同感だ。 私は楽しめた。 これはこれでいい本だと思う。 (★★★)

  • 井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

    井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語
    自分自身、奇跡が起こったことと同じことが書かれてた。 本当に奇跡は起こせると確信させられた。 (★★★★)

  • : 夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター

    夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター
    夫婦の愛を確認する、または再認識するのに最高の本だ。 (★★★★★)

  • 高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと

    高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと
    この本を読むと、気持ちが暖かくなる。 天国言葉を意識して話して行こうと思う。 全ての悩みがスーッと消えるような感じになる本だ。 (★★★★)

  • 高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

    高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか
    非常に興味深い。 是非、「ゆかし」に加入したくなった。 その前に、早く1億の資産をつくらなきゃ。 (★★★★)

  • 小林 正観: 宇宙を味方にする方程式

    小林 正観: 宇宙を味方にする方程式
    この本には救われた。 小林正観さんて凄い人だ。 今後、彼の本を全部読みたくなった。 とにかく考え方が素晴らしい。 すっかりファンになってしまった。 (★★★★★)

  • 野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

    野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
    人の好き嫌いが激しい私。 この本を読んで多少好き嫌いが直った気がする。 相変わらず野口氏の本は面白い。 (★★★★)

  • 藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

    藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
    どうしたらトレードがうまくなるかと言う本ではないが、資産運用するには必読だと思う。 (★★★★★)

  • 水野敬也: 夢をかなえるゾウ

    水野敬也: 夢をかなえるゾウ
    ユーモアたっぷりのストーリーの成功哲学本。 とにかく読んでみて。 (★★★★★)

  • 山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)

    山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)
    いや~この本だけは正直読みたくなかった。 なぜなら「負けたとき」が来てほしくないからだった。 だが今回のドローダウンで思わず読んでしまった。 う~む、もっと早く読むべきだった。 好調なときでも勉強になる本だ。いや逆に好調なときほど過信しないためにも読んだほうがいいと思う。 いや~何から何までうなづいてしまう。 (★★★★)

  • 小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

    小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)
    最近FXのトレードを本格的に導入し、かなり実績を上げてきている。そのきっかけとなった書籍がこれだ。 この本を読み自分でもExcelを活用し検証をしてみた。しかし、なかなかいい結果は出なかった。だがこういった方法があると言うことはかなり勉強になった。極める価値は十分になると思う。 (★★★)

  • マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

    マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
    投資をする上で絶対に知っておいた方がいいことばかり書かれています。 これを読んでおけば投資に関するイカサマビジネスには引っかからないはずです。 (★★★★)

最近のトラックバック