フォト

クリックで救える命


お勧めCD

お勧めネット証券


  • 1000単位で取引できる。

  • とうとう全自動取引の口座が出た!! まして無料システムまで付いているとは!

  • ワクワクパパのメイン口座の一つ。

  • とうとう米ドル/円でスプレッド0pipsが出現!!

  • 最高水準のFXサービス上田ハーローFX
  •  
    1,000通貨から取引可能、高レバレッジ最大400倍超!ワクワクパパもメイン口座として利用。

  • FXが初めての方でも安心して取り組めるように、24時間、お客様からのお問い合わせを承っております。

  • FXのプロフェッショナル集団『手数料0円』『スプレッド業界最小』『最低証拠金5万円より』

  • ワクワクパパも使ってる!!

  • 無料デモでバーチャルを試してみては?

投資専門サイト


  • このサイトは投資に必要な書籍等が全部そろっています。 Click Here!
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011.07.27

気分転換

昨日書いたが、明日からなが~い夏休みだ。

今年の長期休暇は、今後のことをいろいろと考えてみようと思う。

一度、全てのことから開放されてみるのもいいのかもしれない。

当然、仕事、トレード、家族、などなど。

自転車で旅に出ると言うのはどうか?

それは、まだ早いか?

でもいつかは行きたい。

それも日本一周の旅。

あ~ワクワクするな。

自転車で行きたいところはたくさんある。

まずは、瀬戸内海のしまなみ海道、北海道、八ヶ岳、千葉の房総、それから、ホノルル、沖縄などなど。

特に、しまなみ海道は是非いってみたい。

それから、目標として、ホノルルセンチュリーライドへの出場。

当然、最長160kmのコース。

これ

楽しいだろうな。

本格的に計画立てようかな。

2011.07.26

夏休み

今週もあと一日仕事に行けば、なが~い夏休みにだ。

我輩の銀行は、一年に一回、必ず2週間以上の休みを取らなければいけない。

我輩は毎年、8月に取得する。

今年は、前半が長男の検査入院で、後半は、新潟へ帰省する。

実質の休みは、7/27~8/13までだ。

また、こちらも毎年8月は、有給を活用し週3日勤務にしている。

なので、8月は9日だけ会社にいって終わり。

本当に恵まれた環境で仕事をさせてもらっている。

感謝しないとな。

2011.07.25

久しぶりのじて通

やっぱり自転車は楽しい。

今日は、事故以来の自転車通勤だった。

体力的には、特に問題なし。

いつものように快適に乗れた。

一番快適だったのは、サドルを変えたせいだろう。

足の回転が非常にスムースにできる。

サドルだけで、こんなにも快適になるなんて、本当に自転車は置くが深い。

まだまだ、我輩の知らないことで、もっと快適に、そして、もっとスピードアップできることがあるのだろう。

ますます、自転車が好きになった。

ホントに面白い。

これからの人生をもっと楽しい人生にするにも、自転車は欠かせないツールとなりそうだ。

ところで、話は変わるが、数週間前から、ある箇所に違和感を感じ、先日病院に行った。

行く前に、ネットで調べたら、なんと、腫瘍ができている症状にほぼ間違いがないとあった。

痛みがなく、徐々に大きくなり、自覚症状がでてからだと、全身に転移するのが、非常に早いとのことだ。

正直、覚悟した。

本気で、身辺整理と、死後のこと、これからのこと、そして、絶対に悔いのないような終幕を迎えれるようにすることを、本気で、真剣に考えた。

精神的には、特に落ち込みもせず、この運命を受け入れることができた。

まだ、結果が出たわけではないのに、最悪を覚悟し、それを受け入れることができた。

最後に、死ぬまでにすることリストを作成し、病院に向かった。

診察前に、告知をしますか?
家族にも告知します?等の質問をされた。

全て、「イエス」で回答し、そして診察へ。

おしょうすいをとり、その後、先生に直接エコーを取ってもらいながら説明を聞いた。

先生「ここ最近、なにか衝撃を受けましたか?」

我輩「そういえば、2週間前に、交通事故に遭い、右半身に打撲を受けました。」

先生「恐らくそれが原因で、水がたまっていますね。ひょっとすると血液が出血しているかもしれません。」

我輩「じゃ~。腫瘍ではないんですか?」

先生「そうですね。きょうこのまま水を抜きましょう。

我輩「え!麻酔をかけるんですか?」

先生「いえ、麻酔の注射を打つ痛みと同じなので、このまま抜きます。」

我輩「・・・・・・・・・・」


結果、牛乳瓶一本分くらいの水がたまっていたようで、出血はしていなかったとのことだ。

しかし、半年位して、またたまるようなら、今度は入院して手術が必要と言われた。

相手方には、保険会社を通じて、直接病院と話し合ってもらうことにして、こちらは何もしないでいいそうだ。

その後、ネットで確認すると、同じように水腫というのがあって、こちらも痛みを伴わないまま、大きくなるそうだ。

やはり我輩は、まだ神様に「生きろ!お前にはまだやることがあるんだぞ!」と言われているようだ。

今回は2度生き延びたような気がして、ますます、使命みたいなものを感じてしまった。

それにしても、我輩は、相変わらずあわてものだと痛感したぞ。

トホホ。

2011.07.22

修理完了

マイバイク(自転車)の修理が完了した。

修理が完了したマイバイクを見て、以前よりもカッコいい!

サドルが黒から青へ。

グリップもほとんど同じタイプなのだが、気持ちスマートで、バーエンドがしっくりくる。

当然、自転車屋さんから自転車で帰ってきたが、なんだかスピードが出るように感じた。

実際、スピードメーターを見ると、軽く30キロを超える。

「これは、なんだ?」

風はそんなに吹いていない。

我が家手前の、きつい上り坂も軽い。

そこで、わかった!

サドルのせいだ!

ペダルをこぐ足がスムースに回せるのだ。

サドルを変えただけで、こんなにも違うものなのか?

あと、バックを担いでいないのも大きな原因だろう。

やっぱり自転車は楽しい!!

では、その自転車を再度紹介しよう!

これが買った時の写真。
全体
Img_0354_r

現在の自転車

全体
Img_0501_r_2

かなりサドルの位置が高くなっている。


最初のサドル
Img_0355_r_2

現在のサドル
Img_0494_r

尿道を圧迫しないために、真ん中に穴が開いている。

Img_0495_r

かなりスマートになった。

最初のグリップ
Img_0358_r

一つ手前のグリップ
Img_0411_r


Img_0413_r


現在のグリップ
Img_0496_r


Img_0500_r

以前のものよりも手が楽に置ける。

あ~、どんどんはまっていってる。

次は、ロードバイクを買いたいな。

2011.07.21

午後のひと時

今日からチビ達が夏休み。

せっかくの休みが、朝から大騒動。

妻は、たまのバイトで、長男は試験で学校。

問題はチビ達だが、トレードしながら、コーヒーを飲み、iTunesで好きな音楽を聴く。

午後のひと時、幸せを感じる。

本当にiTunesは便利だ。フォルダーに好きな曲だけ入れとけば、好きな曲だけを好きなだけ聴ける。

音楽は人を幸せにしてくれる。

我輩は、よく人は、投資で損をするようにできているという。

しかし、人生では、人は幸せになるようにできていると、心の底から思う。

これも考え方かもしれないが、絶対の法則だ。


よく人は、どうしたら、どのようにカッコつけたら、どのように着飾ったら、周りの人々に、よくに思われるのだろうか?

と考えるが、我輩は、逆にどのように相手(周りの人々)を思うか、どのように見るかが大切だと思う。

その方が、自分に正直になれる。

この歌も思う気持ちを唄った歌だ。

greeeenの愛唄


そして、これは、あの「龍馬伝」の『想望』という曲。
辞書によると、『想望』とは、人を慕い仰ぐこと。

音楽って、素晴らしい。

2011.07.20

修理

ようやくマイバイク(自転車)の修理が完了したと連絡が入った。

さすがに、台風が来ているので、取りにはいけないが、いつでも乗れると思うと嬉しい。

今回の修理で、サドル、グリップが以前のものよりも、いいものがつけられた。

はやく実物を見たい。

ところで、台風が来ているようだが、明日、いや、もう今日か、図書館に返却をしなければいけない。

いつもは、自転車で返しに行くのだが、職場から片道約1.5キロ歩かなくてはいけない。

雨がやんでいることを祈るばかりだ。

そのまま、映画でも見に行くかな。

そういえば、最近映画を見ていないな。

家でもDVDで見なくなったし、面白い映画やっているのかな?

学生時代は、一日中、映画館にいたことを思い出す。

話は変わるが、昨年甲子園でベスト8まで勝ち進んだ、母校が、県予選でベスト16まで勝ち進んだ。

ここからが、大変だと思うが、今年も期待したい。

ライバル校の日本文理がかなり強いようだが、頑張って欲しい。

甲子園に出たら、今年は見に行こうかな。

そのまま、友人の墓参りもしたい。

よ~し!無気力から、少しずつでも回復してきているかな?

2011.07.18

やる気

事故以来、何をするにも、まったくやる気が出ない。

特に、事務的なこと。

地味だけれども、大切でやらなければならない。

トレードのデータ集計なんて、本当に大切だが、2週間分たまってしまった。

順調にトレードがいっているからまだいいが、毎日トレードをチェックするには集計表が必要だ。

気合が入らず、気持ちも乗らない。

しかし、いつまでもやらないわけには行かないので、現在進行形でやっている。

今は、その休憩中だ。

それから、読書。

全く本を読む気が起きない。

図書館でも借りても、読まずに返してしまっている。

もうじき、仕事も夏休みに入るので、そこで、リフレッシュしないといけないな。

そういえば、最近、久しく自転車にも乗っていない。

当然、修理がまだなので乗れないわけだが、なんだか心にぽかっと穴が開いたようだ。

あ~、早く自転車、直ってこないかな。

2011.07.13

たまには相場の話でも

今日は、久しぶりに相場の話でもしよう。

先週末の雇用統計から、為替は大きく円高にぶれた。

じつは、先週金曜日に先輩から飲みの誘いを、「雇用統計があるので」とお断りしたら、「雇用統計?なに~!!!」と言われ、「アハハ、行きます、行きます」と結果行くこととなった。

飲んでるさなか、メールで大幅に円高になっていることを知ったが、「そんの関係ね~」とひたすら飲んでいた。

今週に入り、その円高は一気に加速し、米ドルは再度80円割れをした。

我輩は、月、火と深夜勤務だったが、とにかく電話が多く、みんな逆張り投資が好きなんだと改めて感じた。

多分、みんな損をするんだろうな~。

介入目当てで米ドルを買ったり、80円割れは、絶好の買い場と、なぜかもっと円高になるとは思いもせずに、みんな、躊躇せずに外貨を買いに来る。

人は損するようにできていると言われるが、本当にそう思う。

みんなが同じことを思って、みんが一緒に儲かることなんてありえないのが、この世界。

相場って面白いよな。

今後

今日、いや、もう昨日か、自転車屋さんから電話があった。

大体修理のめどが立ったとこことだ。

しかし、グリップが指定のものの在庫がなく、どうしますか?とのことだ。

結果、使用していたものよりもいいもので、加害者との合意で決まった。

今回の事故で、マイバイク(自転車)は、サドルとグリップが、使用していたものよりもいいものになった。

早ければ、日曜日までには修理完了するらしい。

この電車通勤も、今日で終わりか、もしくは、来週前半くらいで終われそうだ。

身体の痛みも、徐々に回復してきている。

手首、お尻の痛みはかなり和らいだ。

逆に、膝が痛み出してきているが、大丈夫だろうと思う。

今週中には、痛みも取れるだろう。

あ~、早く自転車に乗りたいな~。

それから、今日からオフだが、木曜日は朝から新丸ビルで研修。

その後、前職の後輩と飲みに行くことになった。

研修は、辛いが、久しぶりに後輩に会えるのは嬉しい。

先週、今週と飲みが続いているが、楽しい飲みなのでいいとしよう。

今回の事故で、何かのきっかけになるようなが気がするな。

昨日も書いたが、自分にうそをつかずに行きていこうと思う。 byコナン


2011.07.12

独り言

今回の事故で、生きていることに感謝したい。

思う返せば、野川の交差点で、予定の道を信号が赤になったため、いつもの道へ。

そして、事故。

予定通りに行っていれば、事故らなかったかもしれない。

逆に、もっと大きな事故に巻き込まれていたのかもしれない。

そんなことは、相場でいう結果論なので、どうでもいいことかもしれないが、どちらにせよ生きていることが事実なのだ。

この事実に感謝しなければいけないと、本当に思う。

まだ、やらなければいけないことがたくさんある。

当然、夢半ばなので、目標達成は当然だとしても、心の奥底で、ずっと思い悩んでいたことをこのままにしておくわけにはいかないと思った。

だが、どうしていいのかわからない。

今までは、自然の流れに身を任せてきた。

しかし、行動することの大切さも理解しているし必要だ。

余命一年なら、間違いなく行動しているだろう。

今回の事故で、いろいろと考えさせられた。

一ついえるのは、自分に正直に生きること。

もっと、素直に生きたいと本当に思った。

今までは、どうしても意地を張ったりして、自分にうそをついたりしてきた。

もっともっと、自分に正直に生きないと、本当に後悔することになる。

そういえば、名探偵コナンも言っていたな「自分にうそをついてはいけない!」と。

2011.07.11

その後

昨日の事故に遭ってから、一日が経過した。

痛みは、増してはいないが、違う箇所が痛み出してきている。

生活には仕様がないので助かる。

自転車は、今日自転車屋さんに行ってきた。

なんとか修理で直せそうだとのことで、こちらもホッとした。

相手側は、「納得がいくようにしてください」と言われたが、普通なら新品に買い換えるのだろうが、我輩はそうはしない。

直せるものなら、そのまま使いたい。

しかし、サドルと、グリップは新しいものへの交換、特にサドルは同じものがないとのことで、今までのものよりもいいものへチェンジ。

後は、後輪のタイヤがパンクで交換になるのか?

それと、ホイールは要チェックらしい。

期間は、一週間ほどで直るとのことだ。

早く、直ってきて欲しいものだ。

それまでは、電車通勤だ。

どちらにしろ、この身体では自転車も無理だろう。

自転車も、身体も早く治ってほしい。

しかし、昨日も書いたが、ホント、生きていてよかった。

ちょっと当たる角度がずれていたら、反対車線に飛ばされて、最悪、車の下敷きにってこともあった。

本当に運がいい。

それと、神様がまだ生きろ!ということなんだとも思う。

やはり、人は生かされているのだと痛感した。

そこで、考えてみた。

我輩は、何のために生かされているのか?


う、う、う、う、う、う、う、・・・・・・・・・・・。


そんなことは、まだわからないけど、今、目の前のことを一生懸命やるだけかな。


明日、まだ痛みがひかなければ、病院にでもいくか。

2011.07.10

事故

とうとう、事故ってしまった。

じて通を始めて、4ヶ月がたとうとしているが、今の日本では、本当に自転車には厳しい環境だと気づかされた。

まず道路。

今の日本は自転車が通るための道路作りはしていない。

道が狭いため、自転車乗りはいつも車すれすれに走ることが多い。

車の方も、わざと自転車すれすれに、大型トラックでもすり抜けていく。

タクシーなんて幅寄せしながら、すり抜けていく。

次に、整備されていないので、転びやすい。

それから車の運転手のマナーの悪さ、乱暴さ。

ほとんどのドライバーは、自転車を軽視している。

実は昨日も、我輩が尻手黒川道路を走っていると、右からワゴン車が出てきた。

我輩は、いつもドライバーは自転車を馬鹿にしていることを前提に走っている。

だから、まずはドライバーを見て、目が合うのを確認して通ることにしている。

この日も、ドライバーと目が合ったので、そのまま通り過ぎようとした瞬間、まさかの飛び出し!!

我輩の自転車の前輪に接触し、我輩も5メートルほど飛ばされた。

奇跡的に、一回転してそのまま立ち上がり、ドライバーに優しく「気をつけましょうね」と声をかけた。

決して、「何してんだ!!!!気をつけろ!!!!!」なんて怒鳴ってません。

現場近くのバイク屋さんが、警察を呼んでくれたらしく、時期におまわりさんが二人やってきた。

自転車をよく見るとサドルが大きく湾曲しており、ハンドルのグリップも破損していた。

それ以外は、暗くてわからなかった。

多分、もうあの自転車は乗れないだろう。

なんだか寂しくなった。

それから、時間がたつに連れて、手首、ひじ、お尻、膝と痛みが出てきた。

特に、お尻は、高校時代に、145キロのピッチャーの球をデットボール食らったような痛みになってきた。

一日経過して、痛みが増すようなら明日、病院に行こうと思う。

でも、まだ安心はできないが、命に別状がなくて本当によかった。

しかし、自転車が大きく破損したことと、身体の痛みでしばらく自転車に乗れないと思うと、かなり辛い。

そういえば、昨日、自転車をきれいに洗ったばかりだったんだ。

今回の事故は、何か意味があるのだろうが、いったいなんだろうか?

一ついえる事は、生きていて、本当によかった。

神様、ありがとう。

2011.07.05

娘の日記

娘が日記のようなものをつけているらしい。

日記というより、思ったことを書くだけの自由帳のようなものなのだが、自分から見せてくれる。

その中に、先日、妻が、注意したにもかかわらず、そのものをふざけて落としてしまったときに、物凄い形相で娘をしかったそうだ。

その後に書いた内容が、


ママは、おにです。

これからしんぱいです。

どうしましょう。

こまったものです。

と書かれていた。

みんなで、大爆笑した。

2011.07.04

野球

昨日は、深夜の仕事で、帰りの道のりを、いつもの多摩川サイクリングロードを通った。

さすがに、日曜の午前中ということもあり、河川敷の球場には、草野球、少年野球、高校野球と野球の試合がたくさん行なわれていた。

Img_0487


Img_0486


Img_0488


Img_0489


Img_0490


ところどころで自転車を降りて観戦したが、なかなかレベルの高い試合が多かった。

この中から、将来、大リーガーが出現するのかもしれない。

我輩も、やっぱり野球が好きなんだなと感じた。

近い将来、野球に携わっていたいと強く思った。


2011.07.03

友人

昨日、高校時代の野球部の同期から、電話があった。

その同期は、野球部の副キャプテンで、現在、OB会の副会長をやっている。
ちなみに、そのときのキャプテンも副会長をやっている。

会話は、

同期「今、どこにいる?」

我輩「家」

同期「家ってどこだ?」

我輩「横浜」

同期「そっか、まだ新幹線があるから来いよ」

我輩「(そういえば、昨年もこんな電話があったな)今から、仕事だから無理だよ」

同期「今日が何の日か知ってるか?」

我輩「(そうだ、昨年もOB会の総会後の飲んでいるところから電話があったな)総会だろ?」

同期「おー、だから今すぐ来い!」

我輩「行きたいけど、仕事だ」

同期「今日土曜日に仕事か?」

我輩「そうなんだ」

同期「まだ、証券会社だっけ?」

我輩「いや、今は銀行」

同期「お前が銀行?バンカー?うそだろ?」

我輩「そうなんだ、俺みたいなのを雇ってくれる銀行があるんだよ」

同期「銀行が休みの日に仕事か?」

我輩「そうなんだ」

同期「俺をなめんなよ」

我輩「うそじゃないよ。本当に仕事なんだよ」

同期「わかった」

そして、他の同期に次々代わる。

最後は、キャプテンに。

キャプテンとはクラスも一緒で、昨年同窓会で会っている。

そして、また副キャプテンに。

同期「今度いつ帰ってくる?」

我輩「8月だな」

同期「よい、今度帰ってきたら、必ず連絡よこせよ」

我輩「わかった必ずする」

同期「野球部の同窓会をやろう!俺たちの前後一二年も入れて、そして他のライバル校のやつも入れてやろう!」

我輩「大所帯になるな」

同期「俺はもう両親が死んだ。お前はまだおふくろさんはいるんだろう?親孝行しとけよ」

我輩「わかった、ありがとう(あいつのおふくろさんにはお世話になったな)」

同期「いいな、親孝行しろよ!毎月帰って来い!」

我輩「それは無理だけど、できるだけ帰るよ」

同期「よーし、夏に会おうな」

我輩「わかった。楽しみにしとくよ」

同期「じゃあ~な。」

それから、またキャプテンに代わり、みんなから待ってるぞと言われて電話は切れた。

我輩は、本当にいい友達を持った。

いつまでも、俺のことを思ってくれるいいやつばかりだ。

改めて感謝しないとな。

みんな、ありがとう。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧め書籍

  • 鶴見 辰吾: 気がつけば100km走ってた
    著者が、どうやって自転車にのめりこんでいったのか? なぜ、のめりこんだのか? のめりこんでから人生がどのように変わったのか? とても興味深く読めた。 また、共感できる部分がたくさんあった。 我輩も、ほぼ同じ年で、鶴見辰吾さんを一つの目標としたいと思った。 (★★★★)
  • 永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける

    永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける
    今まで、数百冊以上の思考哲学、自己啓発等の書物を読んできた。 現在の自分に大きく影響を与えてくれた書籍もたくさんある。 しかし、この本は衝撃だ。 過去の全ての本にはない具体性がある。 そして、説得力がある。 斎藤一人氏の書物も何冊も読んだ。 しかし、永松氏の実践でのレクチャーを書いたこの本は非常にわかりやすい。 とにかく、一度読んでみることをお勧めする。 (★★★★★)

  • イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

    イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
    ホ・オポノポノ? まず、これを覚えるのに一苦労。 ハワイ用語かなんだかわからないけど、日本人にとっては非常に難しい。 しかし、読み進んでいくと、これはひょっとして理論的にも納得できるんではないか? と、興味が増してきた。 で、最後は、今度セミナーに行ってみようと決心した。 これは、全ての悩みに対して効果があるかもしれない。 投資でも、人間関係でも、お金のことでもなんでもいいから悩んでいる人は一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: 空中ブランコ

    奥田 英朗: 空中ブランコ
    ドクター伊良部シリーズ第二弾! 相変わらず伊良部キャラクターが炸裂!! 是非一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)

    奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)
    最近、iphoneで電子書籍に嵌っている。 その中の一つに、「イン・ザ・プール」 ドクター伊良部シリーズの第一弾! 伊良部総合病院の神経科、伊良部一郎先生のところにくる変わった患者とのストーリー。 強烈なキャラクターで、変態?伊良部医師の異常な治療法が病み付きになる。 (★★★★★)

  • 井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)

    井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)
    私は、iphoneの電子書籍でこの本を読んだ。 孫正義という人は、現代の坂本龍馬だ。 人はたった一回の人生、志をもって生きることが大切だと改めて感じさせてくれた。 また、電子書籍版のみのおまけなのかは知らないが、巻末のファーストリティリング社長の柳井正氏の「孫正義を語る」は、勉強のための勉強では意味がない、この本を読んで感動するだけではダメだ。感動したなら行動に移しなさい、と訴える。 たった一回の人生、志を持ちたいという方は一読を本気で薦めます。 (★★★★★)

  • 栗城史多: 一歩を越える勇気

    栗城史多: 一歩を越える勇気
    私は、iphoneで電子書籍とかいうやつで読んだ。 やばい、電車の中で涙が(;_;) 1,2時間で読めてしまう内容だが、非常に勇気をもらえた。 彼は多くの仲間に助けられ、そして共に登頂する。 なので、本当の意味での単独登頂ではないかもしれないが、そんなことはどうでもいい。 この本のおかげで、自分自身、もう一歩前に進めたことは事実なのだから。 (★★★★★)

  • 石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

    石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
    夢のある方、夢を諦めかけている方、必読。 何も言いません。 とにかく読んでください。 (★★★★★)

  • 南緒: FX革命!

    南緒: FX革命!
    レバレッジの考え方、損切りの大切さ、複利の活用等、 著者の考え方はうなずけるし同感だ。 私は楽しめた。 これはこれでいい本だと思う。 (★★★)

  • 井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

    井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語
    自分自身、奇跡が起こったことと同じことが書かれてた。 本当に奇跡は起こせると確信させられた。 (★★★★)

  • : 夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター

    夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター
    夫婦の愛を確認する、または再認識するのに最高の本だ。 (★★★★★)

  • 高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと

    高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと
    この本を読むと、気持ちが暖かくなる。 天国言葉を意識して話して行こうと思う。 全ての悩みがスーッと消えるような感じになる本だ。 (★★★★)

  • 高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

    高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか
    非常に興味深い。 是非、「ゆかし」に加入したくなった。 その前に、早く1億の資産をつくらなきゃ。 (★★★★)

  • 小林 正観: 宇宙を味方にする方程式

    小林 正観: 宇宙を味方にする方程式
    この本には救われた。 小林正観さんて凄い人だ。 今後、彼の本を全部読みたくなった。 とにかく考え方が素晴らしい。 すっかりファンになってしまった。 (★★★★★)

  • 野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

    野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
    人の好き嫌いが激しい私。 この本を読んで多少好き嫌いが直った気がする。 相変わらず野口氏の本は面白い。 (★★★★)

  • 藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

    藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
    どうしたらトレードがうまくなるかと言う本ではないが、資産運用するには必読だと思う。 (★★★★★)

  • 水野敬也: 夢をかなえるゾウ

    水野敬也: 夢をかなえるゾウ
    ユーモアたっぷりのストーリーの成功哲学本。 とにかく読んでみて。 (★★★★★)

  • 山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)

    山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)
    いや~この本だけは正直読みたくなかった。 なぜなら「負けたとき」が来てほしくないからだった。 だが今回のドローダウンで思わず読んでしまった。 う~む、もっと早く読むべきだった。 好調なときでも勉強になる本だ。いや逆に好調なときほど過信しないためにも読んだほうがいいと思う。 いや~何から何までうなづいてしまう。 (★★★★)

  • 小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

    小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)
    最近FXのトレードを本格的に導入し、かなり実績を上げてきている。そのきっかけとなった書籍がこれだ。 この本を読み自分でもExcelを活用し検証をしてみた。しかし、なかなかいい結果は出なかった。だがこういった方法があると言うことはかなり勉強になった。極める価値は十分になると思う。 (★★★)

  • マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

    マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
    投資をする上で絶対に知っておいた方がいいことばかり書かれています。 これを読んでおけば投資に関するイカサマビジネスには引っかからないはずです。 (★★★★)

最近のトラックバック