フォト

クリックで救える命


お勧めCD

お勧めネット証券


  • 1000単位で取引できる。

  • とうとう全自動取引の口座が出た!! まして無料システムまで付いているとは!

  • ワクワクパパのメイン口座の一つ。

  • とうとう米ドル/円でスプレッド0pipsが出現!!

  • 最高水準のFXサービス上田ハーローFX
  •  
    1,000通貨から取引可能、高レバレッジ最大400倍超!ワクワクパパもメイン口座として利用。

  • FXが初めての方でも安心して取り組めるように、24時間、お客様からのお問い合わせを承っております。

  • FXのプロフェッショナル集団『手数料0円』『スプレッド業界最小』『最低証拠金5万円より』

  • ワクワクパパも使ってる!!

  • 無料デモでバーチャルを試してみては?

投資専門サイト


  • このサイトは投資に必要な書籍等が全部そろっています。 Click Here!
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.24

泣くことは悪くない

あるメルマガを読んでいたら、下記の内容の話が
載っていた。


【招待状】

ある小学校で良いクラスをつくろうと一生懸命な
先生がいた。

その先生が五年生の担任になった時

一人、服装が不潔でだらしなく、遅刻をしたり、
居眠りをしたり

皆が手をあげて発表する中でも、
一度も手を上げない少年がいた。

先生はどうしてもその少年を好きになれず

いつからかその少年を毛嫌いするようになった。

中間記録に先生は少年の悪いところばかりを

記入するようになっていた。


ある時、少年の一年生からの記録が目に留まった。

そこにはこう書いてあった。

「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。
弁口もよくでき、将来楽しみ」とある。

間違いだ。他の子に違いない。

先生はそう思った。


二年生になると

「母親が病気で世話をしなければならず、
時々遅刻する」と書かれていた。


三年生では

「母親の病気が悪くなり、疲れていて、
教室で居眠りをする」。

三年生の後半の記録には

「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」とあり、


四年生になると

「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、
子どもに暴力をふるう」。

先生の胸に激しい痛みが走った。

だめと決めつけていた子が突然、

深い悲しみを行き抜いている

生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。

先生にとって目を開かされた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。


「先生は夕方まで、教室で仕事をするから、
あなたも勉強していかない?
わからないところは教えてあげるから」。

少年は初めて笑顔を見せた。

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を
熱心に続けた。

授業で少年が初めて手をあげた時、
先生に大きな喜びがわき起こった。

少年は自信を持ち始めていた。

六年生で先生は少年の担任ではなくなった。

卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。
そして、今まで出会った中で一番素晴らしい
先生でした」

それから六年。またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。
僕は5年生で先生に担当してもらって、
とても幸せでした。
おかげで奨学金ももらって医学部に
進学する事ができます」

十年を経て、またカードがきた。

そこには先生と出会えた事への感謝と、
父親に叩かれた体験があるから

感謝と痛みが分かる医者になれると記され、
こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。
あのままだめになってしまう僕を
救ってくださった先生を、
神様のように感じます。
大人になり、医者になった僕にとって
最高の先生は、五年生のときに担任して下さった
先生です。」

そして一年。

届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母親の席に座ってください」

と一行、書き添えられていた。

先生は嬉しくて涙が止まらなかった。

=====

最高です。

号泣です。


日本中の先生に読んでもらいたいですね。


日本中の大人に読んでもらいたいですね。


ダメな人なんていない。

可能性のない人なんていない。


僕たち大人が、ダメだと決めつけてしまう考え方があるだけで…。

以上がメルマガの内容。

バスの中で読んでいて、涙が止まらなかった。

46歳の大の大人。

何をいい年して・・・・、と言われそうだが、自分では恥ずかしいとは

思わない。

昔、女房ががよくテレビを見ていて泣いている姿をからかった

記憶がある。
自分自身、証券会社時代は涙が出なかった。

涙と言えば悔し涙くらいだった。

その私が、一度どん底を経験してから、涙が出るようになった。
今までの違いは、自分では人の気持ちが理解出来る様になった。
特に弱い気持ちを理解出来る様になったと思う。

その前は、例えばいじめられている子に対しては、一度反発してみろ!

もっと、強い気持ちを持てと思う人間だった。

しかし、それが出来ないからいじめられるのだ。

そんな子に対して、強い気持ち持てといっても無理な話。

もっと、その子の目線で理解しようとしないとわからない。
自分目線ではわからないのだ。

よく「名選手に名監督なし」と言われるが、これと同じ。

名選手程、自分の目線でしか相手を見れないので、名監督になれない。

リーダーも、経営者も、親も、学校の先生も全て同じだ。

相手の目線で理解し、相手の価値観を受け入れる。

そして、共感することが出来れば信用が生まれる。
相手と共感することが出来れば、涙も自然と出るものだ。

あなたは、上記の話を読んで泣けましたか?


お~っと、最近相場のことがないとお叱りを受けそうなので次回は相場のことを書こうと思う。

では^^/~~~

2009.11.18

いい商品ありますか?

金融機関の顧客で

「いいのあります?」

「お勧めはありますか?」

「儲かるのあります?」

「一番売れているのなんですか?」

等々、様々な質問が来る。

わかる一人は、すでに理解できると思うが、これは愚問である。

しかし、顧客はこんな愚問を本気で聞いてくる。

例えば、洋服屋で「いい服あります?」って聞かれて、店員はなんて答えるのだろうか?

似合う、似合わないは関係ないのか?

「儲かるのあります?」

あれば自分で買っている。

リスクとリターンの関係は?

目的は?

マネーマネージメントは?

等々、もっと大切なことはたくさんある。

しかし、大切なことほどつまらないこと。

やはり、投資で嬉しいのは儲かったとき、当たったときの高揚感。

これの高揚感が損失に繋がっていることをほとんどの投資家は知らない。

私は、実はこの高揚感が大好きだ。

だから裁量トレーダーにはなれない。

では最良トレーダーに向いている人はどんな人?

①語らない人。

おしゃべりな人は向いていない。

相場を語ったり、投資方法を得意げに語る人は、向いていない。

これも自分は向いていない。

②リーダー対応ではない人。

①番目と近いが、リーダータイプの人は向いていない。

これもダメ。

③感情の起伏が激しくない人。

これもダメ。

④どちらかと言うと暗い人。

これもダメだな。

⑤ワクワクしない人。

もう完全に向いていない。

⑥自分は頭がいいと思っていない人。

最後のこれだけは当てはまる。

この結果から私は裁量トレーダーにはなれないと気がついた。

だから、システムを中心にトレードしている。

マネーマネージメントさえ身につければ、後は方法なんていくらでもある。

全ては自己責任。

夢は逃げない。

逃げるのはいつも自分。

もう逃げないよ。

2009.11.13

1年前、2年前、3年前、・・・・・・・・・

最近トレードの話がなく、独り言が多くなっている。

トレードは、正直、一進一退が続いている。
ブレイクアウトのシステム系は、若干プラス。

デイトレ型はマイナス。

スキャルピングはプラス。

スイング型がなんと、  プラス。

スキャルぐらいのタームのものはいいが、デイトレくらいになるとノイズでやられてしまう。

しかし、不思議とスイングになるとプラスとなる。


現在、トレードは大体ポートフォリオが固まってきた。

手法は11種類。

ほとんど手をつけない、ほったらかしタイプが2つ。

毎日仕掛けた後はほったらかしタイプが4つ。

たまにチャートをチェックするスイングタイプが3つ。

一定時間取り組む必要のあるタイプが2つ。

の以上11個だ。

数年前に比べると、かなり進歩している。

今年のスタート時に比べても進歩している。


強引だが人生も同じ。

一年前の自分と変わっていなければ、恐らく一年後も変わらない。

ニ年前の自分と変わっていなければ、二年後も変わっていない。

三年前の自分と変わっていなければ、「やるぞ!」と決断しなければ三年後も同じ自分がいるはずだ。

ワクワクパパの3年後が楽しみだhappy01

2009.11.12

行動している?

行動(チャレンジ)すると失敗する。

失敗すると、学習する。

学習すると、次へのステップとなる。

そしてまた行動(チャレンジ)する。


成功への道はこの繰り返し。

行動しなければ何も起きない。

野球で言えば、ホームランを打つには三振もする。

しかし、バッターボックスへ立たなければ、三振もしなければホームランもない。

そこで、最近感動した言葉を送る。


あなたが空しく生きた今日は、

昨日死んだ者が、あれほど生きたいと願った明日。


2009.11.10

カメラを買っちゃった

cameraを買った。

2年位前に買ったカシオのデジカメが壊れてしまい、ヤマダ電機に行った。

最初は修理するつもりだったが、新しいものを見ていたら買いたくなってしまった。

カシオのデジカメは評判が良かったが、どうも写りが悪く、イマイチだった。

その前のオリンパスは300万画素だったが、非常にきれいに写っていた。

カシオは確か800万画素、写りのよさは画素数ではなくレンズだと思うので、やはりカメラ会社のカメラがいいのかと思った。

自ずとキャノンのカメラで遊んでいると、店員が「まけますよ」って寄ってきた。

聞いたら、「エッ」ってくらいまけてくれるとのことで、思わず買ってしまった。

それも最新のピントがロックインして動くヤツ。

買ってからは、家で用もないのに子供たちの写真を取り捲り。

昔の映画のトップガンのようにロックインするのが楽しくて、思わず遊んでしまう。

ホント、よくできているよな~。

ところで相場の方だが、なんだか再度ボックス相場に突入って感じか?

まだ、ボラがあるので利益は出ているが、やりにくい相場である。

で、またまた話は変わるが、先日先輩と飲んだ。

先輩は先月アメリカに行ってきたらしいが、まだアメリカは厳しいらしい。

先輩が言うには、近い将来、米ドル、またはアメリカの株式市場は暴落するのではといっていた。

最近の米ドルを見ていても、確かに米ドルだけ弱い。

果たしてどうなるのだろうか?

2009.11.06

努力の天才

長男が、NARUTOの新刊を買ってきた。

今、面白いところでワクワクする。

そういえば、最近TVでも昔のNARUTOをやっている。

先週、我愛羅(ガアラ)とリーの中忍試験の試合をやっていた。

その試合の途中で、リーの先生のガイが回想するシーンがあった。

ガイ「・・・確かにお前はネジ(天才と言われるライバル)とは違う・・・・忍術の天才でもなければ体術の天才でもない・・・

けどなぁ、リー・・・お前もネジを超える力を・・・・その可能性を秘めてる天才なんだぞ・・・・・」

 

リー「気休めならやめてください!」

 

ガイ「気休めでもなんでもない・・・・なぜならお前は・・・・」

 

リー「・・・・・・」

 

ガイ「努力の天才だ」

 

リー「・・・・・・・」

 

リー「・・・果たしてそれは・・・・本当でしょうか・・・?」

 

ガイ「・・・・・・!」

 

リー「・・・僕は・・・そう信じてやってきました・・・・。ネジより・・・二倍も三倍も修行すれば・・・きっと強くなれる・・・・そう信じてやって来ました・・・・・・・」

 

リー「だけど・・・・・本当の天才には適わないんじゃないかって・・・・最近はそう思いはじめました・・・・・」

 

リー「・・・努力が本当に報われるものなのか・・・・・それが知りたくてネジに挑戦してもずっと同じ・・・・まるで歯が立たないんです・・・・・・!」

 

リー「任務の時も未だに・・・・足が震えるんです・・・・」

 

リー「いくら努力しても僕は強くなれないんじゃないかって・・・・・怖くて怖くてたまらないんです!!」

 

リー、激しく泣く。

 

ガイ「・・・・・・・」

 

リー「・・・・僕はどうしたら・・・・・」

 

ガイ「自分を信じない奴なんかに、努力する価値はない!」

双子の子達と見ていたが、子供たちに「パパ泣いてる?」

と、言われてしまった。

小さい頃、不器用で何をやっても下手だった。

しかし、負けず嫌いでよく影で練習をしていたことを思い出した。

小学生の頃、冬は雪で屋内でしか遊べないので、文化的なクラブに入らされた。

入ったのは将棋クラブ。

最初は真ん中ぐらいの腕前だったが、勉強して練習して卒業する頃には2番目の実力となっていた。

大好きだった野球も、ずっと家出一人で壁に向かってボールを何時間も投げていた。

しかし、いつの頃からか自分は天才ではないかと錯覚し、努力しなくなっていた。

自ずと結果が出なくなってきた。

証券会社に入社し、営業に配属。

直ぐに大手の顧客を開拓し、直ぐに天狗となり、一年後にはワースト10入り。

今の女房と結婚が決まり、再度頑張ったが、なかなか結果が出ずに悩んだ。

女房が、「努力したことは神様が見ているから、いつか必ず結果が出るよ」との一言に勇気付けられた。

その後、ずっとベスト10入り。

不器用で、頭が悪い自分がここまでこれたのは、全て多くの人々に支えられたお蔭だ。

自己資金をトレードし始めて5年経過した。

地道に努力した。

好きだから頑張れた。

今、徐々に結果が出てきている。

好きだと努力と感じない。

今、ワクワクしている自分がいる。

2009.11.04

夢は逃げない。

夢を追い続けて、何年になるのだろうか?

今日も、女房に「あなたいつあなたの夢は実現するの?」

と、問い詰められた。

夢を追い続けている自分はいいが、家族は大変だろう。

サラリーマン時代の年収(今もサラリーマンだが)、から比べると約半分。

トレードで得た利益は、徐々に積み重なっているが、それは使えない。

現在、サイドビジネスをスタートし始めたが、それもまだ未収入。

しかし、徐々に収入は増えてきているのは事実。

そして、夢に向かって着実に形となってきている実感がある。

前に読んだ本に、

「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分」

と言う言葉があった。

そうだ、夢は逃げないのだ。

小さい頃からプロ野球選手になることを夢に、大学までやったが、夢から逃げた自分。

順風満帆なサラリーマンを辞めて、独立したが、そのときも夢から逃げた自分。

今度は、絶対に逃げない。

夢は逃げないのだ。

だから、自分が逃げなければ、必ず夢は叶う。

妻よ、子供たちよ、もうしばらくの辛抱だ。

ワクワクパパは必ず夢を叶えるぞ!


« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧め書籍

  • 鶴見 辰吾: 気がつけば100km走ってた
    著者が、どうやって自転車にのめりこんでいったのか? なぜ、のめりこんだのか? のめりこんでから人生がどのように変わったのか? とても興味深く読めた。 また、共感できる部分がたくさんあった。 我輩も、ほぼ同じ年で、鶴見辰吾さんを一つの目標としたいと思った。 (★★★★)
  • 永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける

    永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける
    今まで、数百冊以上の思考哲学、自己啓発等の書物を読んできた。 現在の自分に大きく影響を与えてくれた書籍もたくさんある。 しかし、この本は衝撃だ。 過去の全ての本にはない具体性がある。 そして、説得力がある。 斎藤一人氏の書物も何冊も読んだ。 しかし、永松氏の実践でのレクチャーを書いたこの本は非常にわかりやすい。 とにかく、一度読んでみることをお勧めする。 (★★★★★)

  • イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

    イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
    ホ・オポノポノ? まず、これを覚えるのに一苦労。 ハワイ用語かなんだかわからないけど、日本人にとっては非常に難しい。 しかし、読み進んでいくと、これはひょっとして理論的にも納得できるんではないか? と、興味が増してきた。 で、最後は、今度セミナーに行ってみようと決心した。 これは、全ての悩みに対して効果があるかもしれない。 投資でも、人間関係でも、お金のことでもなんでもいいから悩んでいる人は一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: 空中ブランコ

    奥田 英朗: 空中ブランコ
    ドクター伊良部シリーズ第二弾! 相変わらず伊良部キャラクターが炸裂!! 是非一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)

    奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)
    最近、iphoneで電子書籍に嵌っている。 その中の一つに、「イン・ザ・プール」 ドクター伊良部シリーズの第一弾! 伊良部総合病院の神経科、伊良部一郎先生のところにくる変わった患者とのストーリー。 強烈なキャラクターで、変態?伊良部医師の異常な治療法が病み付きになる。 (★★★★★)

  • 井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)

    井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)
    私は、iphoneの電子書籍でこの本を読んだ。 孫正義という人は、現代の坂本龍馬だ。 人はたった一回の人生、志をもって生きることが大切だと改めて感じさせてくれた。 また、電子書籍版のみのおまけなのかは知らないが、巻末のファーストリティリング社長の柳井正氏の「孫正義を語る」は、勉強のための勉強では意味がない、この本を読んで感動するだけではダメだ。感動したなら行動に移しなさい、と訴える。 たった一回の人生、志を持ちたいという方は一読を本気で薦めます。 (★★★★★)

  • 栗城史多: 一歩を越える勇気

    栗城史多: 一歩を越える勇気
    私は、iphoneで電子書籍とかいうやつで読んだ。 やばい、電車の中で涙が(;_;) 1,2時間で読めてしまう内容だが、非常に勇気をもらえた。 彼は多くの仲間に助けられ、そして共に登頂する。 なので、本当の意味での単独登頂ではないかもしれないが、そんなことはどうでもいい。 この本のおかげで、自分自身、もう一歩前に進めたことは事実なのだから。 (★★★★★)

  • 石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

    石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
    夢のある方、夢を諦めかけている方、必読。 何も言いません。 とにかく読んでください。 (★★★★★)

  • 南緒: FX革命!

    南緒: FX革命!
    レバレッジの考え方、損切りの大切さ、複利の活用等、 著者の考え方はうなずけるし同感だ。 私は楽しめた。 これはこれでいい本だと思う。 (★★★)

  • 井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

    井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語
    自分自身、奇跡が起こったことと同じことが書かれてた。 本当に奇跡は起こせると確信させられた。 (★★★★)

  • : 夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター

    夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター
    夫婦の愛を確認する、または再認識するのに最高の本だ。 (★★★★★)

  • 高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと

    高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと
    この本を読むと、気持ちが暖かくなる。 天国言葉を意識して話して行こうと思う。 全ての悩みがスーッと消えるような感じになる本だ。 (★★★★)

  • 高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

    高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか
    非常に興味深い。 是非、「ゆかし」に加入したくなった。 その前に、早く1億の資産をつくらなきゃ。 (★★★★)

  • 小林 正観: 宇宙を味方にする方程式

    小林 正観: 宇宙を味方にする方程式
    この本には救われた。 小林正観さんて凄い人だ。 今後、彼の本を全部読みたくなった。 とにかく考え方が素晴らしい。 すっかりファンになってしまった。 (★★★★★)

  • 野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

    野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
    人の好き嫌いが激しい私。 この本を読んで多少好き嫌いが直った気がする。 相変わらず野口氏の本は面白い。 (★★★★)

  • 藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

    藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
    どうしたらトレードがうまくなるかと言う本ではないが、資産運用するには必読だと思う。 (★★★★★)

  • 水野敬也: 夢をかなえるゾウ

    水野敬也: 夢をかなえるゾウ
    ユーモアたっぷりのストーリーの成功哲学本。 とにかく読んでみて。 (★★★★★)

  • 山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)

    山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)
    いや~この本だけは正直読みたくなかった。 なぜなら「負けたとき」が来てほしくないからだった。 だが今回のドローダウンで思わず読んでしまった。 う~む、もっと早く読むべきだった。 好調なときでも勉強になる本だ。いや逆に好調なときほど過信しないためにも読んだほうがいいと思う。 いや~何から何までうなづいてしまう。 (★★★★)

  • 小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

    小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)
    最近FXのトレードを本格的に導入し、かなり実績を上げてきている。そのきっかけとなった書籍がこれだ。 この本を読み自分でもExcelを活用し検証をしてみた。しかし、なかなかいい結果は出なかった。だがこういった方法があると言うことはかなり勉強になった。極める価値は十分になると思う。 (★★★)

  • マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

    マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
    投資をする上で絶対に知っておいた方がいいことばかり書かれています。 これを読んでおけば投資に関するイカサマビジネスには引っかからないはずです。 (★★★★)

最近のトラックバック