フォト

クリックで救える命


お勧めCD

お勧めネット証券


  • 1000単位で取引できる。

  • とうとう全自動取引の口座が出た!! まして無料システムまで付いているとは!

  • ワクワクパパのメイン口座の一つ。

  • とうとう米ドル/円でスプレッド0pipsが出現!!

  • 最高水準のFXサービス上田ハーローFX
  •  
    1,000通貨から取引可能、高レバレッジ最大400倍超!ワクワクパパもメイン口座として利用。

  • FXが初めての方でも安心して取り組めるように、24時間、お客様からのお問い合わせを承っております。

  • FXのプロフェッショナル集団『手数料0円』『スプレッド業界最小』『最低証拠金5万円より』

  • ワクワクパパも使ってる!!

  • 無料デモでバーチャルを試してみては?

投資専門サイト


  • このサイトは投資に必要な書籍等が全部そろっています。 Click Here!
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.27

明日にでも退院か?

母が明日にでも退院できるらしい。

本当によかった。

今回の件でたくさんの人に助けてもらった。

親戚の皆さん、母が倒れたところのお店の方、救急隊員の方、会社を休むことになって迷惑をかけた同僚等本当に感謝だ。

ありがとうございました。

これからもっと感謝の気持ちを持ちながら生きていかなければいけないと痛感した。

ところで相場のほうは日経平均は18,000円台を割ってきた。

このままずるずる下がるのか、それとも切り返すのか?

個人的には切り返すのではないかと見ているが、果たしてどうなることやら。

最近システムは絶不調。損益はプラスなのだが勝率は悪い。

勝率にはこだわっていないとはいえ、ストレスのたまるトレードが続いている。

かたやサブのシステムは絶好調で大きくプラスとなっている。

ではまた。

2007.06.25

突然の出来事

先週金曜日夕食時に、新潟の叔母から電話があった。

母が路上で倒れ意識不明だと。

直ぐに準備をするも何をしていいのかわからない。

喪服が必要!?

お袋が死ぬの?

まだ恩返しの親孝行もしていないのに?

一年前に親父が他界して無念でならなかった。

その分母に思いっきり親孝行をしなければと思っていたのに・・・。

涙が止まらない。

そんな中、妻が全部支度をしてくれ出発。

病院について病室に駆け寄る。

意識は取り戻し一命は取り留めたとのこと。

他界した父が助けてくれたんだと心のそこから思う。

なんだか体全身の力が抜けて頭の中も空っぽ状態。

今週はとりあえず検査のため、私も一週間の休みをとり母に付き添ううことにした。

そんな中でもトレードは欠かすわけには行かない。

自分でもプロ根性だと思う(ほめられることではないと思うが)。

選手金曜日NYは暴落。

いいお湿りか?

時間がないので、とりあえず今日はこの辺で

2007.06.18

感謝

前にも書いたが、投資で利益を上げている人の確立は5%に満たないと言う数字があらゆる書籍に載っている。

ワクワクパパはその5%の中に入ろうとしているのか?

それってできることなのか?

実際本当に5%と言う数字は正しいのか?

証券会社勤務時代にトータルで利益となっている顧客に会ったことがない。

一人だけプラスだと言う顧客がいたが、調べてみるとマイナスになっている株は売らずに塩漬けで返済したものはプラスでその顧客は利益が上がっていると思い込んでいる。

そんな中でも書籍の中には成功している投資家がいるのも事実だ。

ワクワクパパの経験では裁量トレードでは途中はうまく行ってても、最後はやられてしまうと思っているので最後はシステムトレード以外は無理だと思い込んでいる。

そう決断して試行錯誤の中システムトレードをスタートしたのが2年前。

現在、やっと形(順調に利益を上げること)らしくなってきた。

最近、システムトレードをやっていて一番感じることが、自分の相場観と逆に出たときほど利益が上がることだ。

今日はちなみに今日は高寄りしても強いんじゃないの~。

と思う中、3つのシステム全てが売シグナル。

さて今日はどうなることやら。

ところで先々週ずっと利用していたタイコム証券がなんと証券関係の新規建てを一時休止することとなり、急遽オリックス証券に変更することにした。

こういうアクシデントは実はプラスに作用することが多く、今回も今日から先物の手数料が1,050円から840円に値下げ、取引するツールもタイコム証券と同じ仕様のツールを使用できるようになっていた。

なんと、ついているのだろうか。

ネット証券に感謝。

こうやってネット証券会社を利用することができるようになり、今自分の夢を叶える事ができるようになった。

このブログも読者の方がいるから続けることができた。

誰も読んでくれなければ、多分ずっと前にやめていたことだろう。

当初自分の夢を実現するためにリアルタイムで何かその過程を記録に残そうと思い、スタートしたブログ。

その夢もだんだんと見えてきた。

途中双子が生まれ育児日記のようになったが、トレード記録としても書いてきたつもりだ。

そんな中、ブログの限界も感じていることも確かだ。

かといってまだ中途半端な状況でやめてしまうのもなんだか残念なのでもうしばらくやってみることにした。

なのでもうしばらくワクワクパパの気分次第の脈絡のないブログにお付き合いしてくださいね。

一応、もう少し書き込みを増やすことを目標としたいと考えている。

ということで今から「てもみん」にでも行こうっと。

2007.06.11

本当に書きたいこととは・・・。

ま隔週の書き込みとなってしまった。

なんだか最近このブログで書いていることが、本当に書きたいことなのかがわからなくなってきている。 

これが書き込み減少の原因だ。

かと言って本当に書きたいことを書けば問題が起きる。

以前に比べると読者の数は大幅に減少している。

しかし、本音を書くことによる影響は少なからず起きてしまう。

誰が見ているかわからない。

それならSNSに乗り換えようかとも考えた。

が、いまいちSNSのシステムが理解できない。

それとここまで続けてきたブログをやめることはちょっと寂しい。

少ないがまだこのブログに訪れてくれる方がいる。

そんな方々の少しでもお役立ちたいという気持ちはある。

ひょっとしてもっと本音を書き、もっともっと役に立ちたいという気持ちが強いのかもしれない。

自分自身過去に投資で地獄を経験したせいか、いい加減なことを書いているブログや、会社のブランドだけで何の勉強もせずに投資の厳しさも知らず投資アドバイスをしている金融機関の社員、ちょっと中国関連のファンドで利益を上げて有頂天になっていて投資の厳しさも知らない投資家等々。

過激な言い方かもしれないが、何が言いたいのかというと『相場を舐めるな!』

自分と同じ過ちはしてほしくない!

これだけだ。

18,000円台に乗せてきて強さを感じつつ買ポジション後に暴落。

やはりだめかと思売ポジション後、週末に暴騰。

こんな往復ピンタのような方は少ないと思うが、非常に読みにくい相場だ。

それだけ損をしやすい相場なのだ。

では中国を含めた新興国関係に投資すれば簡単か?

私は決してそうは思わない。

現在大きく利益が出ている投資家は最後は損をするようになると思っている。

なぜならみんなオリンピックまで、または万博までと同じ考え方をして投資していて、みんなが利益を上げることは不可能だからだ。

これは需給のバランスを考えると冷静になれば誰でもわかることだ。

20年前のバブル時も、ネットバブルのときも、バブルの中では気がつかない。

いつも後でわかることだ。

何度も書くが投資で成功する方法は損をしたトレードの中にある。

損せずに投資で成功することは無理だ。

と、だんだんと差しさわりのない文章になりつつあるので今日はこの辺で。

最後に今月は先月の損失の半分近く利益が上がってきている。

ボラティリティも上昇してきているので、今月はこのままいけそうか?

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧め書籍

  • 鶴見 辰吾: 気がつけば100km走ってた
    著者が、どうやって自転車にのめりこんでいったのか? なぜ、のめりこんだのか? のめりこんでから人生がどのように変わったのか? とても興味深く読めた。 また、共感できる部分がたくさんあった。 我輩も、ほぼ同じ年で、鶴見辰吾さんを一つの目標としたいと思った。 (★★★★)
  • 永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける

    永松 茂久: 斎藤一人の道は開ける
    今まで、数百冊以上の思考哲学、自己啓発等の書物を読んできた。 現在の自分に大きく影響を与えてくれた書籍もたくさんある。 しかし、この本は衝撃だ。 過去の全ての本にはない具体性がある。 そして、説得力がある。 斎藤一人氏の書物も何冊も読んだ。 しかし、永松氏の実践でのレクチャーを書いたこの本は非常にわかりやすい。 とにかく、一度読んでみることをお勧めする。 (★★★★★)

  • イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え

    イハレアカラ・ヒューレン: たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え
    ホ・オポノポノ? まず、これを覚えるのに一苦労。 ハワイ用語かなんだかわからないけど、日本人にとっては非常に難しい。 しかし、読み進んでいくと、これはひょっとして理論的にも納得できるんではないか? と、興味が増してきた。 で、最後は、今度セミナーに行ってみようと決心した。 これは、全ての悩みに対して効果があるかもしれない。 投資でも、人間関係でも、お金のことでもなんでもいいから悩んでいる人は一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: 空中ブランコ

    奥田 英朗: 空中ブランコ
    ドクター伊良部シリーズ第二弾! 相変わらず伊良部キャラクターが炸裂!! 是非一読を! (★★★★★)

  • 奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)

    奥田 英朗: イン・ザ・プール (文春文庫)
    最近、iphoneで電子書籍に嵌っている。 その中の一つに、「イン・ザ・プール」 ドクター伊良部シリーズの第一弾! 伊良部総合病院の神経科、伊良部一郎先生のところにくる変わった患者とのストーリー。 強烈なキャラクターで、変態?伊良部医師の異常な治療法が病み付きになる。 (★★★★★)

  • 井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)

    井上 篤夫: 志高く 孫正義正伝 完全版 (じっぴセレクト)
    私は、iphoneの電子書籍でこの本を読んだ。 孫正義という人は、現代の坂本龍馬だ。 人はたった一回の人生、志をもって生きることが大切だと改めて感じさせてくれた。 また、電子書籍版のみのおまけなのかは知らないが、巻末のファーストリティリング社長の柳井正氏の「孫正義を語る」は、勉強のための勉強では意味がない、この本を読んで感動するだけではダメだ。感動したなら行動に移しなさい、と訴える。 たった一回の人生、志を持ちたいという方は一読を本気で薦めます。 (★★★★★)

  • 栗城史多: 一歩を越える勇気

    栗城史多: 一歩を越える勇気
    私は、iphoneで電子書籍とかいうやつで読んだ。 やばい、電車の中で涙が(;_;) 1,2時間で読めてしまう内容だが、非常に勇気をもらえた。 彼は多くの仲間に助けられ、そして共に登頂する。 なので、本当の意味での単独登頂ではないかもしれないが、そんなことはどうでもいい。 この本のおかげで、自分自身、もう一歩前に進めたことは事実なのだから。 (★★★★★)

  • 石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

    石川 拓治: 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
    夢のある方、夢を諦めかけている方、必読。 何も言いません。 とにかく読んでください。 (★★★★★)

  • 南緒: FX革命!

    南緒: FX革命!
    レバレッジの考え方、損切りの大切さ、複利の活用等、 著者の考え方はうなずけるし同感だ。 私は楽しめた。 これはこれでいい本だと思う。 (★★★)

  • 井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

    井上 裕之: 自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語
    自分自身、奇跡が起こったことと同じことが書かれてた。 本当に奇跡は起こせると確信させられた。 (★★★★)

  • : 夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター

    夫から妻へ、妻から夫へ60歳のラブレター
    夫婦の愛を確認する、または再認識するのに最高の本だ。 (★★★★★)

  • 高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと

    高津 理絵: 幸せが雪崩のごとく起こる本―お空の上で決めたこと
    この本を読むと、気持ちが暖かくなる。 天国言葉を意識して話して行こうと思う。 全ての悩みがスーッと消えるような感じになる本だ。 (★★★★)

  • 高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

    高岡 壮一郎: 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか
    非常に興味深い。 是非、「ゆかし」に加入したくなった。 その前に、早く1億の資産をつくらなきゃ。 (★★★★)

  • 小林 正観: 宇宙を味方にする方程式

    小林 正観: 宇宙を味方にする方程式
    この本には救われた。 小林正観さんて凄い人だ。 今後、彼の本を全部読みたくなった。 とにかく考え方が素晴らしい。 すっかりファンになってしまった。 (★★★★★)

  • 野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

    野口嘉則: 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
    人の好き嫌いが激しい私。 この本を読んで多少好き嫌いが直った気がする。 相変わらず野口氏の本は面白い。 (★★★★)

  • 藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

    藤沢 数希: なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
    どうしたらトレードがうまくなるかと言う本ではないが、資産運用するには必読だと思う。 (★★★★★)

  • 水野敬也: 夢をかなえるゾウ

    水野敬也: 夢をかなえるゾウ
    ユーモアたっぷりのストーリーの成功哲学本。 とにかく読んでみて。 (★★★★★)

  • 山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)

    山口祐介: 相場で負けたときに読む本 ~真理編~ (現代の錬金術師シリーズ)
    いや~この本だけは正直読みたくなかった。 なぜなら「負けたとき」が来てほしくないからだった。 だが今回のドローダウンで思わず読んでしまった。 う~む、もっと早く読むべきだった。 好調なときでも勉強になる本だ。いや逆に好調なときほど過信しないためにも読んだほうがいいと思う。 いや~何から何までうなづいてしまう。 (★★★★)

  • 小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)

    小澤政太郎: 為替サヤ取り入門 (現代の錬金術師シリーズ)
    最近FXのトレードを本格的に導入し、かなり実績を上げてきている。そのきっかけとなった書籍がこれだ。 この本を読み自分でもExcelを活用し検証をしてみた。しかし、なかなかいい結果は出なかった。だがこういった方法があると言うことはかなり勉強になった。極める価値は十分になると思う。 (★★★)

  • マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

    マックス・ギュンター: マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
    投資をする上で絶対に知っておいた方がいいことばかり書かれています。 これを読んでおけば投資に関するイカサマビジネスには引っかからないはずです。 (★★★★)

最近のトラックバック